2019/4/1  0:00

僕、ジャン・ポール!霊が怖いのなら。  

僕、ジャン・ポール!

浮遊霊や生霊が怖いと言う人はたくさんいるみたいですね。
確かに、行き場所がなくて誰かに取り付いたり、恨みがましく誰かに祟ったりする存在って、嫌ですよね。
でも、浮遊霊や生霊のように生きている人もいるのではないでしょうか。

怒りを心の内に秘めてたり、恨みをずっと抱いていたりする人って、怖ろしい霊と同じでは無いでしょうか。
自分の居場所を探すことなく、行き場所がないと、自分の居場所はこの世にはないと思って生きている人は、浮遊霊のようなものではないでしょうか。
誰かに助けてもらうことばかり当てにして、自立の努力なく生きている依存的な人は、憑き物のように他人に付きまとっているのではないでしょうか。

生きていたって、恐ろしい物の怪のような人がいるのです。
霊を怖れるなら、自分が霊のように生きてはいないかと、自分のあり方を省みたらどうでしょうか。



うちのお母さん、理性的な論理療法を好んでいますが、霊能者の側面も持っています。
自分の生き方を変えるだけで、霊障に合ったり霊に取り憑かれることが無くなる人が多いんのよって、よく言ってるのですが。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ