2019/4/12  0:00

あたし、アンジェリュス!強がるよりも。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

子供の時に親に甘えることができなかった人って、強がりを覚えてしまうのよね。
寂しいなんて言えずに、一人で大丈夫と言うようになってしまうのよね。
困ったという言葉を口にすることができずに、自分でどうにかするからなんて言ってしまうのよね。
そして、自分の本音、自分の好き嫌い、自分の感情を隠すことを覚えてしまうのよね。

うちのお母さんも、そうだったの。
うちのお母さんの母親は、当時で言う妊娠中毒症で、妊娠6カ月から入院し、その間にステロイドを使われたらしいの。
そのステロイドの後遺症は、うちのお母さんにもうちのお母さんの母親にも表れたの。
で、生まれてすぐステロイドで汚染された母乳を飲まされそうになったうちのお母さんは、母乳を吐き出し、二度と母乳を口にししようとはしなかったの。
そして、自分の母親を敵だと、自分を殺そうとする存在だと思うようになったの。
だから、子供の時に母親に甘えるなんてことはできなかったの。
周りの人達は、もちろん医者も含めて、うちのお母さんが自分の母親を憎む、避ける原因を知らずに、うちのお母さんを責めていたの。

うちのお母さんは、50歳を過ぎた頃、自分が母親を嫌う原因にようやくたどり着いたの。
そして、その時から、母と娘の関係は変化したの。

去年うちのお母さんの母親は、急逝したの。
うちのお母さんは、子供の頃に甘えられなかったことを天国にいる自分の母親に語り続けているの。
それだけでも気持ちが楽になる、強がりが減っていくと、うちのお母さんは言っているわ。
ステロイドという原因にたどり着く前は、カトリックであるうちのお母さんは、マリア様を理想の母親として語りかけていたみたいよ。

子供の頃に強がりを覚えた人は、自分の心の中に理想の父親や母親を作り、その親に話しかけたらどうかしら。
心の中の親に甘えてみたらどうかしら。
カトリック信者だったら、イエス様を父親に見立てたり、マリア様を母親に見立てて甘えてみたらどうかしら。
宗教を持っている人は、神様や仏様に心の中で甘えて語りかけてみたらどうかしら。

子供は、親に甘えながら成長するの。
甘えてはいけないと無理に自分を抑制するよりも、何らかの安心できる相手に心の中で甘え、自分を改めて成長させてみたらどうかしら。
そうすると、自分に無理を強いることも強がりも減るんじゃないかと、あたし、考えているのよね。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ