2019/4/22  0:01

私、アリシー!子供を育てる時には。  

私、アリシー!

やましい気持ちというものは、なぜ生じるのでしょうか。
子供の頃に善悪判断、価値観を親から教えられるというか刷り込まれます。
その刷り込まれた善悪判断、価値観から離れたことをすると、やましい気持ちが生じます。

親がしっかりした善悪判断を子供に教えていれば良いのですが、親が間違った価値観を子供に刷り込んでいると、子供は社会的に正しいことをしても、やましい気持ちが生じたりします。
そして、心の底のやましい気持ちは、行動に表れてしまうのです。
例えば、依存的な友人から離れようとしても、親が子供に依存している状態なら、依存させることが良いことだと思い込み、依存的な人達を周りに引き寄せてしまうのです。
また、他人は敵だと親に刷り込まれた子供は、他人に心を開き、友人を作ることはいけないことだと思い込んでしまうのです。もちろん、他人のために何かしてあげることはいけないこと、親のために奉仕しなければと思い込んでいたりするのです。
簡単な例なら、カルト教団で育った子供は、そのカルトから離れるとやましい気持ちに襲われるのです。

子供を育てる時には、親は正しい価値判断について熟慮しなければいけません。
親がエゴイストであれば、子供もエゴイストになりかねないのです。
そして、その報いは、親も受けることになるのです。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ