2019/4/30  0:00

僕、ヤコブ!僕、今、生きています。  

僕、ヤコブ!

今生きている人の数よりもすでに亡くなった人の数の方が多いんだという文章があったのは、フランソワ・モーリアックの『フロントナック家の秘密』だったでしょうか。
確かに、今の世界は、古の人達の死の上に成り立っています。
この地球自体が、巨大な墓場かもしれないのです。

ある程度の年齢を過ぎれば、自分と同世代の人が亡くなったという知らせを耳にする度、まだ生きている自分は勝ったんだという気がする人がいるそうです。
生死に勝ち負けの感情を被せてくるのでしょうね。
でも、この世を去る日は、必ず誰にでも訪れるものなのですが。

僕、去年の初めに膵臓が悪いと言われ、去年の春には死んでしまっているだろうと予測されていました。
でも、僕、奇跡的にまだ生きています。
なぜ生きていられるのかわからないのですが、まだ生きているのです。
こんなこと言うなんて、年寄りじみているかもしれませんが。

この一年あまり、僕、生きること、死ぬことについて僕なりに考えてきました。
僕、死んだ経験はまだないので、死についてはよくわかりません。
いずれ誰もが死ぬということしかわかりません。
でも、生きるということは実感しています。
時間の制限の中で生きるということも知っています。
で、いずれこの世を去るなら、それまでの時間をどのように使うかについて考えるべきではないかと思うのです。
この世を去る時にできるだけ満足していたいと思うのです。
『ファウスト』ではありませんが、自分自身の欲望の追求だけでは満足も納得もできないのではないかと、僕、思うのです。
僕自身、ただの一匹の猫です、大したことはできません。
でも、この家の仲間達のために何かできないか、それが僕の最後の満足に結びつくのではないかと、僕、しばしば考えるのです。

それにしても、本能的な感慨かもしれませんが、生きるとは素晴らしいものだと、僕、思うのです。
僕、今、生きているのです。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ