2019/5/31  0:00

僕、ヴィタル!被害者意識の強い人って。  

僕、ヴィタル!

被害者意識の強い人って、周りから煙たがられるよ。
被害者意識って、その人だけのものだってことが多いし、感情的な主張ばかりに陥りかねないからね。
初めは同情していた人も、そのうちに離れていくよ。
いつまでも他人の感情に同調ばかりはしていられないからね。

被害者意識の強い人って、被害を受けたその時、その場に留まり続けているんだ。
その人の意識は、被害を受けた時から先に進んでいかないんだ。
物理的な時間は先に進んでいるのに、他の人も過去から未来に向かっているのに、被害者意識の強い人は、自分の中で時間を止めてしまっているんだ。
だから、周りの人の意識とどんどん隔たりが出来ていくんだ。
そして、自分は被害者だからどんな要求をしてもいいのだと自己正当化を推し進め、周りの人から敬遠されるようにもなりかねないんだ。

被害者意識の強い人って、とても主観的だよ。
言い換えれば、感情の塊だよ。
自分の被害を周りの人に知って欲しかったら、自分の状況を客観的に説明しなきゃいけないんだけどな。
自分の気持ちから一旦離れなきゃ、他の人に説明できないんだけどな。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/5/30  0:00

あたし、アンジェリュス!あたし、疑うの。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

当たり前だと思っていることでも、それが本当かどうかを吟味してみた方がいいわよ。
例えば、フランス革命以前のフランス国民は、王様や貴族は神に選ばれたもの、その体の血は青色なんだと思い込んでいたのよね。だから、王様や貴族は特別な存在で、彼らに従うことは当たり前だと思い込んでいたの。
日本だって、戦前は天皇のために死ぬことが善とされていたけど、今ではそう考えている人が少ないでしょうね。

当たり前のことを否定すると、当たり前だと思い込んでいる人から非難を受けるわよ。
だけど、間違ったことに従って生きるのってどうかしら?

権威のある人だから正しいことを言っているんだと疑いなく信じ込んだら、盲信になってしまうかもしれないわよ。
医者が言ってるから正しいんだ、偉い先生が言ってるから正しいんだなんて思い込んだら、騙されることになるかもしれないわよ。
自分でしっかり理解せずに、誰かの言ったことをそのまま口にしている人、いわゆるコピペでわかったふりをしてごまかしている人もいるんだから。
また、親の権威を疑うことができずに従って、虐待に苦しんでいる人もいるのよ。

あたし、疑うの。
でも、それは疑うために疑うのではないの。
誰かを貶めようと疑うのではないの。
真理を探すために疑うという方法をとっているだけなの。
デカルトの方法的懐疑って、なかなか意味のあることだと、あたし、考えているのよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/5/29  0:03

僕、ジョシュエ!現実の時間も心の中の時間も。  

僕、ジョシュエ!

もう過去のことだから、失われた時間は取り戻せないと、後悔したり寂しく思っている人がいるかもしれないよね。
亡くなった人には二度と会えないからなんて悲しんでいる人がいるかもしれないよね。
だけど、思い出って、無くなったりしないんだよ。
すっかり忘れて、消えて無くなったと思っていたって、心の底にあるんだ。
心の底で、眠っているだけなんだ。

今僕達が生きている物理的な時間は、過去から未来へとまっすぐ進んでいるだけかもしれないよ。
誰だって、生まれたら死に向かって進んでいくんだよ。
そして、会うは別れの始まりと言うけど、別れを繰り返しながら、時間の流れに押されるように生きているんだ。

でもね、心の中の時間は違うよ。
記憶って、再生可能なんだ。
記憶の中の時間って、本人が自由に使えるものなんだ。
その時間の中では、失ったものなんて、何もないんだ。

過去に浸ってばかりなら、物理的な時間と心理的な時間がぶつかってしまうよ。
だから、現実の時間と心の中の時間の調和を考えようよ。
心理的な時間を再生しながら、現実のベースを作っていくなら、未来に向かう糧としていくなら、過去に浸って現実を拒否するなんてことにはならないんじゃないかな。

現実の時間も、心の中の時間も大切にしようよ。
どちらも、自分のものなんだから。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/5/28  0:00

マルだじょ!自分で動くんだじょ。  

ぼくちゃん、マルだじょ!
カルテ名、テイヤール!
別名、ワルちゃん!

誰かに何かをしてもらったと自慢するよりも、誰かに何かをしようとする方がマシじゃないでしゅか。
誰かに気に入られて世話になったと自慢するよりも、誰かに必要なことをしてあげたんじゃないかと自分の心の中で思っている方がマシじゃないでしゅか。
誰かに愛されたと自慢するよりも、誰かを愛する方がいいんじゃないでしゅか。

受け身で待っているのって、幼児的だじょ。
大人なら、自分でできることを行動にうつしたらいいんじゃないでしゅか?

黙っておとなしくして、他人の思うがままになるのって、美徳じゃないじょ。
他人に何かを期待して待っているのって、大人じゃないじょ。
自ら行動できない、責任を取れない子供の態度だじょ。
で、子供って、自分の望むことを他人が叶えてくれないと、不満ばかりになるんだじょ。

大人なら、他人に期待ばかりせず、自分で動くんだじょ。
自分で自分の人生を切り開くんだじょ!


クリックすると元のサイズで表示します

2019/5/27  0:00

私、アリシー!自分に自発性がないと思っているなら。  

私、アリシー!

「テストで100点を取ったら、何かを買ってあげる。100点じゃなきゃ意味がないのよ。」なんて言って、子供を励ましているつもりの親っているようですね。
100点じゃなきゃいけないって、完璧じゃなきゃダメだということです。
これは、子供を励ましていることにはなりません。
こうしなきゃいけない、完璧じゃなきゃいけないと子供に抑圧をかけているだけです。
完璧主義を刷り込まれたら、子供は結果ばかりを気にして、何かに自分から取り組むことが難しくなってしまうのです。

「お父さんの言った通りにしたから、とてもよくできたよな。」なんていうのは、子供の成長を褒めていることにはなりません。
子供が親に従うことに親が満足しているだけで、子供の自発性を褒めているわけでは無いのです。
子供の成長を褒めるなら、子供の自発性を褒めなければいけないのです。
たとえ子供が失敗したとしても、子供が自分で何かをしたことを褒めなければ、子供の自発性は育たないのです。
子供は、自立した大人になるよりも、親に従って親の奴隷になることを選ばなきゃいけないと刷り込まれてしまうのです。

子供を褒めて育てた、子供が自立できるように自発性を育てたなんて自己満足している親は、とても多いのです。

自分に自発性がないと思っている人は、自分の親が条件付けで褒めたり、親の言いなりになることが良いことだと刷り込まれていないか、考えてみてはいかがでしょうか。
原因に気づくと、今の自分を変えることが可能になるのですから。


私、まもなく出産の予定です。
私、子供の自発性を育てる親になりたいと願っています。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/5/26  0:00

おいら、ルクルス!感情的に訴えたって。  

おいら、ルクルス!

感情的に訴えたら、そりゃ、人目は引くよ。
注目してもらえるよ。
反発する人もいるかもしれないけど、同調する人も集まってくるよ。
同調する人たちを集めて、満足はできるかもしれないよ。
だけど、感情的な訴えって、正しいとは限らないんだよ。

感情的な時って、自分のその時の感情に引きずられて、その感情にふさわしいもの、自分の感情を擁護するものしか目に入らないんだよ。
視野が狭いってことだよ。
感情的に訴えると他人を巻き込んで引きずることは可能だけど、それは、訴える人の一方的な言い分でしかないんだよ。
感情的に訴える人って、ある意味排他的だよ。

感情的に強い言い分だからといって、それが正しいとは限らないんだよ。
正しくない部分をその人の感情で補って正当化していることだってあるんだよ。
泣いて訴えたって、正しいとは限らないよ。
怒りで訴えたって、正しいとは限らないよ。
相手の感情に呑まれず、理性的に判断しなきゃいけないよ。

だけど、まだ理性的能力が未発達な子供は、感情的に訴えてくる親に呑まれてしまうことがあるんだよ。
大人になったら、親の言い分が正しかったかどうかを考え直さなきゃいけないよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/5/25  0:00

あたし、モンチッチ!一番大切なのは。  

あたし、モンチッチ!

あたし、今年の1月10日に生まれたアリシーの娘。
あたし、四匹兄弟で生まれたんだけど、今まで生き残ったのは、あたしだけ。
あたしも生存を危ぶまれてきたの。
だから、ちゃんとした名前は付けてもらえなかった。
あたしの顔の毛が抜けて真っ赤になったことがあるので、暫定的に付いた名前がモンチッチ。
で、その名前、どうも定着したみたい。

あたし、成長が遅くというか悪く、未だに固形物を自分で食べることはできないの。
うちのお父さんが無理矢理口の中に押し込んでくれる柔らかなフードなら、どうにか飲み込める。
あたし、子猫用の粉ミルクで生きてる。
それでも、ちっこいけど、僅かずつ大きくなってるんだから。
未だに生後一月半の子猫より小さいサイズだけどね。
うちのお母さん、なんで生きてるのか分からないと、あたしのことをゾンビ猫なんて呼んだりするけど、あたし、生きてるんだから。

あたし、思うんだけど、成長が遅くたって構わないの。
できないことが多くても構わないの。
見た目が悪くたって構わないの。
ハンディがあったって構わないの。
普通じゃなくたって構わないの。
生きていることが、一番大切なの!


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ