2019/5/4  0:00

あたし、エルミオーヌ!子供の心を守ろうとする親って。  

あたし、エルミオーヌ!通称、ミケ子!

あたし、最近引きこもっているの。
他の猫とあまり接触しないの。
あたし、最近よく餌を食べるの。
お腹がすいてガツガツ食べちゃうの。
あたし、最近イライラしているの。
あたしの側にオス猫が寄ってくると、思わずぶん殴っちゃうの。

そうよ、あたし、孕んでるんだから。

妊娠中のメス猫って怖いのよね。
子育て中の母猫だって同じだけど、子供を守るために、常に緊張しているのよね。
緊張が高じて、イライラしたりもするのよね。
子供を守ることに全力を注いでいるのよ。

子供を守るって、大変なことよ。
自分の命をかけても、子供の命を守らなきゃいけないの。
これって、本能的なことよ。
種の保存の本能に基づいているの。

だけど、人間って、猫よりもっと大変よね。
猫は子供の肉体的な命を守るだけで済むでしょうけど、人間は子供の肉体的な命だけではなく、子供の心も守らなきゃいけないでしょうから。
人間の親は、子供が自分で考えて行動する自由を持つように、子供の心を守らなきゃいけないのよね。
人間がそれまで培ってきた文化を子供に継承させ、それを基盤として子供がさらに新しいものを築いていくように子供を育てなきゃいけないのよね。
親に従う時期を過ぎたら、子供が自分で物事を考えて決断していく力を育てなきゃいけないのよね。

猫の親だって、子供の自立性を尊重するわ。
人間の親なら、子供の自由を守り、子供の自立性を育てていくという大切な務めを持っているはずよね。

でも、子供の心を守るっていうことを考えている人間の親って、案外少ないのかもしれないわね。
残念なことだけど、子供を自分の持ち物だと捉えている親が多いのかもしれないわね。
子供の心を守ろうとする親って、人間の中にどれだけいるのかしら?


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ