2019/7/2  0:00

ぼく、アシル!美しいこと。  

ぼく、アシル!

ぼく、この家で二番目に年寄りの猫です。
ぼく、自分なりに人間を観察してきました。
そして、人間の美しさに気づいてきました。

誠実に生きている人って、美しいです。
嘘偽りのない人の瞳って、濁りがないです。
物事を直視する鋭い光を放つことがありますが、その鋭さは他人のあら探しや他人を陥れようとすることには向けられません。
物事の本質を捉えようとする理知的な光が、瞳から放たれているのです。

他人を尊重する人って、美しいです。
他人を尊重できるって、他人との依存関係から抜けているってことです。
自分のエゴイズムから離れて他人のことを考える人には、自立した強さがあります。
生物が本来有している共存の力を見せているのかもしれません。

自分は何者でもない、他の人と比べることは不要だ、でも、自分はこの世界を形成する一つの個体だと知っている人の行動は美しいです。
威張ることもなく、自らを蔑むこともなく、地に足をつけて今できることをするって、生物本来の生き方を示しているのではないかと思うのです。
エゴイズムから発する諸々のことにとらわれない人の行動は、自由で力強いと感じるのです。

ぼく、残りの猫生をかけて、人間の美しさを探していきたいと思うのです。
生きるって、美しいことだと、ぼく、考えているのです。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ