2019/8/9  0:01

僕、ツィポール!この世は素晴らしいんだ。  

僕、ツィポール!

僕たちの生きているこの世には、永遠に続くものってないんだ。
どんなものでも変化していくんだ。
人間は永遠を願っていろんなものを作り出したり、いろんなことを考えたりしているけど、永遠にそのままの形を止めることはできないんだ。
スフィンクスやピラミッドを作っても、万里の長城を作っても、時とともに風化していくんだ。
結婚式で永遠の愛を誓ったって、いがみあったり争うこともあるだろうし、離婚することもあるだろうし、最後には死という別れを迎えるんだ。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。」
これは、世の無常を語った『方丈記』の有名な文章だけど、永遠というものはこの世には存在しないんだよね。

無常というものを虚しさで捉える人は、多いかもしれないよね。
だけど、僕、世の中が変わっていくこと、永遠が存在しないことを虚しいとは思わないよ。
物事が変化していくことを、僕、生命の躍動感と捉えるんだ。
自分の命が終わっても、次の世代が新しいものを作っていくというダイナミズム、活力と捉えるんだ。

永遠がないから、永続するものがないから、この世は素晴らしいんだ。
いろんな動きがあるから、いろんな変化があるから、この世は素晴らしいと、僕、考えているんだ。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ