2019/9/30  0:00

妾、シャホールでございます。不純物にも価値があるのではないでしょうか。  

妾、シャホールでございます。

フランスのパリのセーヌ川の中には、シテ島とサン・ルイ島が浮かんでおります。
シテ島にあるノートル・ダム・ド・パリは有名でございますが、その反対側に裁判所がございます。裁判所の中には、サント・シャペルと呼ばれる今では使われていない礼拝堂がございます。
この礼拝堂は、ステンドグラスで有名でございます。
そのステンドグラスの深みのある青色は、今では出すことのできない色とされております。
この礼拝堂が作られたのは13世紀でございますが、当時のガラスの精製技術は今よりも劣っており、ガラスの中には幾多もの不純物が混じり込んでいたそうでございます。
そのステンドグラスの深みのある青色は、不純物のおかげで作られた色と言われております。
現在のように精製技術が進歩した世の中では、逆にその深みのある色を作ることは難しいとされているそうでございます。

不純物と言われるものにも、それなりの価値があるのではないかと、妾、思うのでございます。

たとえば、勉強や仕事に集中しなければいけない時、邪念が入るといけないと思う人は多いでしょう。
でも、妾、邪念には邪念なりの意味があるのではないかと思ったりするのでございます。
邪念のおかげで、少し休息が取れるのではないかと、視野を広げる可能性があったりするのではないかと思ったりもするのでございます。

水だって、そこに混じっているもののおかげで味わいが出るのではないでしょうか。
バラの花束だって、かすみ草を混ぜることでその花の色が引き立つのではないでしょうか。

妾、純粋なものばかり追い求めては、何かが欠落するのではないかと危惧しております。
若い頃は純粋さ、ひたむきさが価値あるものと思いがちかもしれませんでしょうが、歳をとるにつれて不純物の価値を知るようになるのではないかと、妾、考えているのでございます。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/9/29  1:47

俺、ウィンウィン二世!権利と義務って。  

俺、ウィンウィン!

自分の権利にばっかり執着する人って、自分の義務を忘れがちなんだよな。
一方、自分の義務ばかりにとらわれている人って、自分の権利を忘れがちなんだよな。

いわゆるクレーマーと呼ばれる人って、自分の権利ばかり主張するんだよな。
例えば、自分は客だから、何を言ってもいいなんて思い込んでいるんだよな。
周りの迷惑なんてどうでもいいんだ、自分は金を払っているからどのような要求をしてもいいんだなんて、自分の権利を過大評価しているようなものなんだよな。
自分の権利にこだわる人って、自分に落ち度は無い、相手が悪いんだなんて思い込み、自分のわがままを追求するんだよな。

それとは逆に、自分の義務ばかりを念頭に置いて、他人に要求するのは悪いことだなんて思い込んでいる罪悪感と義務感に縛られている人もいるんだよな。
給料をもらっているから仕事が終わるまで休むことも食事をすることもいけないなんて思い込んで、体を壊す人だっているんだよな。
どんなに子供がいじめられても、いじめられる方にも問題があると信じ込み、誰に助けを求めることもなく、学校に行くことは義務だと思って子供を無理に学校に行かせる親や、無理して学校に通わなきゃと苦しんでいる人だっているんだよな。
自分の義務ばかりにとらわれている人って、相手の落ち度まで自分が悪いせいだと思い込み、他人に利用されがちになるんだよな。

権利と義務って、表裏一体だぜ。
どちらか一方に偏ったら、バランスを崩してしまうんだぜ。
自分の権利ばかりを主張していたら依存的なわがままな子供になってしまうし、自分の義務ばかりにとらわれていたら、他人に依存されて他人の奴隷になってしまうんだよな。
権利と義務についてよく考えろよな。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/9/28  1:15

僕、ヴィタル!芸術って。  

僕、ヴィタル!

うちのお母さんの父親は腹部動脈瘤破裂で急死したけど、その臨終の時にうちのお母さんは、「山川草木転荒涼」という乃木希典の漢詩の一節を思い出したんだって。これから大変なことになるなという気持ちをこの漢詩を心の中でつぶやくことで整理したんだって。
その30年近く後、うちのお母さんは、自分の母親が危篤だと病院から電話を受け、タクシーを探している時に雀を見て、「のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にいて足乳根の母は死にたもうなり」という斎藤茂吉の短歌をふと思い出したんだって。焦りの気持ちがちょっと消えたんだって。
病院について、昏睡状態に陥った母親の荒い呼吸音を聞きながら、ヴィクトル・ユゴーの『緒世紀の伝説』のなかの一つの詩「眠れるボアズ」の美しい数節を心の中でつぶやいていたんだって。
これは、『旧約聖書』の『ルツ記』を基にした詩なんだ。興味のある人は、日本語訳があるかもしれないけど、フランス語で読んでみると味わい深いよ。
祈りより先に、20代の時にフランス語で暗唱したこの詩がうちのお母さんの心の中に浮かんだんだって。耳から入ってくる母親の苦しい呼吸が、ボアズの安らかな呼吸に心の中で変質していったんだって。
そして、頭の中では、モーツァルトの『レクイエム』が鳴り響いていたんだって。

若いうちにいろんな本を読んでおくと、何かの時にふとその記憶が蘇り、心が慰められたりするんだよ。
宗教の本だけじゃなく、文学でも、哲学でも、音楽でも、美術でも、若い時からいろんなものに触れていると、何かの時に心の助けになるかもしれないんだよ。
芸術って、美しい素晴らしいものだけじゃないんだ。鑑賞するだけじゃないんだ。
気持ちの整理の手伝いにもなったりするんだ。
生きる力を与えてくれることだってあるんだよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/9/27  0:32

私、ディアーヌ!素直と依存。  

私、ディアーヌ!

私、時折感じることがあるのですが、素直であることと他人に依存することを混同している人がいるようです。
支配的な親に育てられた人にこのような傾向があるのではないかと、私、思うのです。

素直とは、周りのものを拒絶せずに受け止めることです。
他人の意見を拒絶せずに、自分のものとして考えることです。
しかし、他人の意見に盲目的に従うことではありません。
周りのもの、他人の意見は、自分なりの意見を形成しようとするための一つの手がかりなのです。
視野を広げて、自分なりに考える材料を取り入れようと他人に心を開く態度が素直なのです。

親や舅、姑、上司など支配的な人達に従順に従うことが素直だと思っている人がいるようです。
でも、他人の意見に従うだけでは、素直というよりも依存していることになるのです。
自分の意見を持たずに誰かに頼るという点で、依存心を抱いているということになるのです。

素直とは、自分の意見を持つ、自分の意見を持とうとする自立した態度です。
自分の意見がないと、自分の意見を形成しようとしないと、他人に依存したまま生きることになるのです。

自分がどのような態度でいるのか、いちど考えてみたらいかがでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/9/26  0:45

おいら、ルクルス!人間は、物ではないんだよ。  

おいら、ルクルス!

人間は、物ではないんだよ。
だから、誰かと比較して、その人の価値を決めてはいけないんだよ。
誰かと比べて上げたり下げたり、利用価値を考えたり見下したりしてはいけないんだよ。

自分に都合の良い人が素晴らしい人だなんて発想は、捨てたらいいよ。
自分に都合の悪い人こそ、自分にはないものを持ってる可能性が強いんだからね。
自分の都合ばかりで他人の価値を決めるって、実にエゴイスティックなことだよ。

他人を自分の感情のはけ口だと思わない方がいいよ。
他人はゴミ溜めじゃないんだよ。
八つ当たりするなんて、もってのほかだよ。

人間の価値は、外見とは異なるんだよ。
一見金持ちに見えても、借金だらけの人もいるよ。
ボロを着てても、中身が輝いている人だっているんだよ。

この人はこういうものだと決めつけない方がいいよ。
生きている限り、どんどん成長して変わっていく可能性があるんだよ。
また、逆に、どんどん荒んでいく人だっているよ。

人間は、物ではないんだよ。
外側ばっかり見てちゃ、わからないんだよ。
生きている限り、人間って、変化の可能性を秘めているんだよ。
それって、人間の素晴らしさだと、おいら、思うんだよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/9/25  0:36

あたし、シュエット!あたし、努力してるの。  

あたし、シュエット!

光陰矢の如しって言うけど、時間の経つのって、実に早いのよね。
子供の成長なんて、その大きな一つの例よ。
今月の2日に、あたし、4匹の子猫を産んだけど、だんだん馬鹿でかくなってきたのよ。

だけど、1週間ほど前から、そのうちの2匹の調子がおかしくなってきたの。
あたしの母乳が出ないから人間がミルクを飲ませているんだけど、ミルクを飲ませるとくしゃみをしたり、鼻から吹き出したりするのよね。
これって、遺伝子に問題があったりするのよね。
どこかの軟骨の形がおかしかったりするのよね。
そして、昨日、1匹が天使になっちゃったの。

せっかく生まれてきたのになんて思う人がいるかもしれない。
でも、それはその子の運命なの、寿命なの。
命の長さを決めることは、あたしにも人間にもできないの。
生物は全て死すべきものだと受容するしかないと、あたし、考えているの。

とはいえ、全てにおいて受け身である必要はないのよね。
与えられた寿命、許されている時間がどこまであるかわからないけど、生きている限り、生きるために全力を尽くせば良いと、あたし、考えているの。
一分一秒でも長く生きようとする本能に従うことが、あたし、生きている責任を取ることだと考えているの。
だから、あたし、全力を尽くして自分の命を全うしようとしている子猫達って、尊いと思うの。
あたしも、子猫の死を看取ろうと一所懸命努力しているの。


あたし、いつも出産すると子猫を放り出すけど、今回は、母猫ごっこはまだ続いているんだから。
あたしだって成長するんだから!
どすこい!


クリックすると元のサイズで表示します

2019/9/24  0:36

あたし、エルミオーヌ!あたしの願い。  

あたし、エルミオーヌ!通称、ミケ子!

あたし、昨日の朝9時過ぎから11時頃にかけて、5匹産んだわよ!
あたし、超安産だったのよ。
今じゃ、余裕持ってどすこいシュエットの子猫の世話だってしてるんだから。

それにしても、子供ってすごいわよね。
あの細い参道を通って産まれてくるのよ。
命がけで、子宮の外の世界を目指してくるの。
親が勝手に生んだなんて文句を言う人間の子供がいるようだけど、本人が本能に従って生まれてきたのよ!
生まれたことを親のせいにするのはおかしいわ。
生まれてくるのは、その本人の本能的な意思のようなものじゃないかしら?
親が勝手に生んだと文句を言うよりも、親の育て方が間違いだったというなら、話を聞く余地は十分あるんだけどな。

親って、勝手なことを言ったりするわ。
女の子ならいらない、男の子ばかりならつまらないなんて言ったりするしね。
生まれた時はそれだけで喜んでいても、子供が育つにつれて欲が出て、勉強ができないといけないなんて言ったりするしね。
どうして、その子の生だけを喜び続けることができないのかしらね。

あたし、この5匹の中で1匹でも無事に成長してくれたらと、それだけを願ってるんだけどな。

おい、5匹のチビ達、しっかり自分の生を全うするのよ!
あたし、それだけが願い!
それだけが喜びなんだから!


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ