2019/9/1  0:00

僕、ブレーズ!人間として自由に生きることって。  

僕、ブレーズ!

子供の頃に、親に逆らってはいけないと刷り込まれた人は多いのではないでしょうか。
親と反対の意見を持ってはいけないと思い込んでいる人は多いのではないでしょうか。
でも、大人になったら、自分で考えなければいけないのです。
これは正しいか正しくないか、親の言っていることが時代にふさわしいかどうか、不合理なことではないかと自分で考えなければいけないのです。

人は、自分の意見を自由に抱くという権利を持っています。
自分の行動、住む場所、婚姻等について、自分で自由に決定する権利は、憲法で保障されているのです。
成人に達した後も親に従わなければいけないというのは、憲法違反になるのです。

もちろん、自由を追求するのであれば、その責任と義務も自分で引き受けなければいけません。
自分が自由に生きたいと思うのと同様に他の人も自由の権利を行使したいと願っているのです。
その他人の自由の権利と自分の自由の追求との兼ね合いを考えるのが、責任と義務を引き受けることではないでしょうか。

人間はどの動物よりも左脳が発達しています。
思考力を持っているのです。
誰かに従ったり、誰かの真似をするだけではなく、自分で考えるように努めてください。
それが人間として自由に生きることだと、僕、考えているのです。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ