2019/9/28  1:15

僕、ヴィタル!芸術って。  

僕、ヴィタル!

うちのお母さんの父親は腹部動脈瘤破裂で急死したけど、その臨終の時にうちのお母さんは、「山川草木転荒涼」という乃木希典の漢詩の一節を思い出したんだって。これから大変なことになるなという気持ちをこの漢詩を心の中でつぶやくことで整理したんだって。
その30年近く後、うちのお母さんは、自分の母親が危篤だと病院から電話を受け、タクシーを探している時に雀を見て、「のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にいて足乳根の母は死にたもうなり」という斎藤茂吉の短歌をふと思い出したんだって。焦りの気持ちがちょっと消えたんだって。
病院について、昏睡状態に陥った母親の荒い呼吸音を聞きながら、ヴィクトル・ユゴーの『緒世紀の伝説』のなかの一つの詩「眠れるボアズ」の美しい数節を心の中でつぶやいていたんだって。
これは、『旧約聖書』の『ルツ記』を基にした詩なんだ。興味のある人は、日本語訳があるかもしれないけど、フランス語で読んでみると味わい深いよ。
祈りより先に、20代の時にフランス語で暗唱したこの詩がうちのお母さんの心の中に浮かんだんだって。耳から入ってくる母親の苦しい呼吸が、ボアズの安らかな呼吸に心の中で変質していったんだって。
そして、頭の中では、モーツァルトの『レクイエム』が鳴り響いていたんだって。

若いうちにいろんな本を読んでおくと、何かの時にふとその記憶が蘇り、心が慰められたりするんだよ。
宗教の本だけじゃなく、文学でも、哲学でも、音楽でも、美術でも、若い時からいろんなものに触れていると、何かの時に心の助けになるかもしれないんだよ。
芸術って、美しい素晴らしいものだけじゃないんだ。鑑賞するだけじゃないんだ。
気持ちの整理の手伝いにもなったりするんだ。
生きる力を与えてくれることだってあるんだよ。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ