2019/10/3  0:51

僕、エサウ!依存する人。  

僕、エサウ!

依存する人は、赤ん坊と同じです。
感情を強く出せば、相手が自分の思い通りに動くと思い込んでいます。
感情を強く出すって、わがままを強く押し出すってことです。

依存する人の判断基準は、その場その時の自分の気持ちです。
自分の気持ちが一番大切なので、自分の気持ちに反することは悪だと思ってしまいます。
自分の快は善、自分の不快は悪だと思っているのです。
客観的に判断することを知らず、主観的な判断が普遍的なものだと思い込んでいるのです。

依存する人って、自分の気持ちの強さで全てを押し切ろうとします。
他人に対する反感反発という気持ちを強く打ち出せない人は、そのような人の気持ちに気圧されて、依存されてしまうのです。

依存されたくなかったら、他人と気持ちで勝負をつけようと思わないでください。
気持ちという土俵では、負けてしまう可能性があります。
なので、依存する人の知らない土俵を選んだらどうでしょうか。
自分の気持ちから離れて、客観的な理性的な言葉で相手に語ってみたらどうでしょうか。
依存する人は、客観的な理性的な言葉を語る相手が苦手なのです。
赤ん坊は、客観的な理性的な言葉を理解できないのですから。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/10/2  0:00

僕、エルミット!思い出してみてください。  

僕、エルミット!

ペットを飼うなら、そのペットに責任を持つのは当たり前のことです。
病気になった時にケアし、死に瀕した時に看取るのは当然です。
ペットに必要な躾をしたり、栄養や衛生面の管理をするのも当然です。
必要ならば去勢、避妊をさせなければなりません。
飼い主は、動物が居心地よく生活するように気をつける責任を持たなければいけないのです。
飼った時から最期の時まで面倒をみるのは当たり前なのです。

ところで、自分の子供に対しての責任を忘れているような人がいるみたいですね。
親に虐待を受けていたことに気づかずにいる人、親が無責任だったと批判できずに育ってきた人もいるようですね。
で、ペットの飼い主を批判する人の中には、自己正当化を図っている人もいたりするのですが。
自分の親への不満を隠している人や自分の子供に対して無責任な人の自己正当化が、ペットの飼い主への非難だったり八つ当たりだったりすることもあるのですが。

ペットの飼い主を非難する人、それも特に激しい怒りを込めて非難する人は、ちょっと考えてみてください。
自分と親との関わりがどうであったかを少し思い出してみてください。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/10/1  0:00

ぼく、フランソワ!強がりを止めようよ。  

ぼく、フランソワ!通称、ぶぅちゃん!

ねえ、強がりを止めようよ。
強がっていると疲れるだけだよ。

知ったかぶりや見下しも強がりだよ。
他人に負けまいと頑張ったって、本当の実力はつかないよ。
自分の至らなさや弱さを隠すことばかりに気を取られてしまうよ。
知らないことや出来ないことがあったって、いいんだよ。
人間って、神様じゃないからね。

他人に対して強がるよりも、自分に対して強がっているのは、もっとタチが悪いよ。
自分の本当の姿が分からなくなっちゃうよ。
疲れた、落ち込んだなんて、自分の弱さを自分で認めてあげようよ。

強がっているのって、張り詰めた糸の状態だよ。
そのうちプツンと切れちゃうよ。
だから、強がりを止めて、自分を休ませるんだ。
弱さを認めると、緊張が減るよ。

ありのままでいいんだよ。
ありのままの自分を知って、必要ならその上に積み重ねていけばいいんだよ。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ