2019/7/18  0:00

妾、シャホールでございます。記念日って。  

妾、シャホールでございます。

今月の15日は、去年帰天したうちのお母さんの母親の誕生日でございました。
昨日17日は、うちのお父さんとお母さんの結婚記念日でございました。
でも、特に何かをしたってことはありませんでした。
来週の土曜日27日は、うちのお母さんの母親の納骨の日でございます。
29日は、うちのお母さんの母親の一周忌でございます。
28日の日曜日に教会でミサを上げてもらいますが、それだけのことでございます。

妾、思うのですが、記念日とは大切なものかもしれませんが、生きていく中の一つの道程ではありませんでしょうか。
過ぎ去った物事の、単なる道標に過ぎないのではないでしょうか。
人生という厚く重い本に挟んだ栞のようなものではないでしょうか。

記念日を大切にするのは、過去を振り返って自分のあり方を省みるためには必要かもしれません。
過去を風化させないためには必要かもしれません。
でも、記念日にとらわれすぎると、今と未来を見つめることを忘れてしまうのではないかと、妾、危惧しているのでございます。


クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ