2010/7/13

観光  

クリックすると元のサイズで表示します
教会の立ち並ぶバルセロナの市街地です。
この写真を撮っている、まさにそのとき。
肩のカバンが、なんとなく引っ張られる感じがするなーと思ったら・・・
隣を歩くおばさん連れが、私のカバンに手を伸ばしてるじゃないですか!!
「!!」(←こういうときって声出ない)
すると、おばさん、サッと手をひっこめて、素知らぬ顔で相方としゃべり始めるし。
「・・・・」
一見いい人そうな風体の2人を、その後じーっとにらみ続けてたら、
丁寧にお辞儀をして、にこやかに「バーイ♪」なんて手を振って、
脇道に去ってった。気付いちゃったのね〜残念、ってな感じ。

観光客に近づいて、大胆にカバンを開けようとし、
気付かれてもあっけらかんとした態度。間違いなくスリの常習犯だー!!
幸い、被害には遭わなかったけど、気持ち悪かった。

そんなスリは他にもいるだろうし、被害者は後を絶たないんでしょうねぇ。
なのに街も人も陽気で、活気があって、
太陽はさんさんと、悪いことする人をも、明るく照らすおおらかなスペイン。
だからといって犯罪が許されるわけじゃあないんだけど、
小さなことは気にする気にもならなくなる感じ、好きだなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
答え@
レースのときにつけるナンバーカード(ゼッケン)を留める、スナップボタン。
クリックすると元のサイズで表示します
こういう風に表と裏からウェアとナンバーカードをはさんで留めるんだけど、
これがなかなかうまく留まらないっ!
途中から安全ピンに変えました。持っててよかったー。

クリックすると元のサイズで表示します
答えA らせん階段。
サグラダ・ファミリアの内部でーす。
建物のとんがりコーンのような部分を上から歩いて下りました。

クリックすると元のサイズで表示します
12



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ