2010/6/14

アンナ・カレーニナ  徒然

新潮文庫

結構長い時間をかけて読みました。途中、「高慢と偏見とゾンビ」を読んだりして脱線していました。でも面白かったです。新潮文庫のカバーの後ろにあらすじが書いてあって、先に目に留まってしまい、ちょっと興ざめ。でもそこには「罪の意識と嫉妬」でアンナは破滅すると書いてあったけど、はたして彼女は「罪の意識」なんてあったのかなあ。ただただ正直に生きたかっただけではないかなあと思いました。で、ヴロンスキーと上手くいかなくなっていく描写がリアルで怖い。なんだか似たような事したことあるような。いえ、私がアンナ・カレーニナだとは言いませんよ。おこがましい。でも、つい、つきあっている人相手に対戦モードになってしまい、言いくるめようとしてしまい、それで嫌われるというようなことはした覚えがあります。どうして、あの時、キティのように出来なかったのだろうかと思ったり。(遠い目)でも女性からみてもアンナはとても魅力的だし、可愛そうだし、愛すべき人だと思いました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ