2011/1/15

piecework 2011 jan feb  徒然

Pieceworkの最新号がきました。Historical knitting Issueです。毎回硬派な(ばりばりの硬派)手芸情報満載なので薄いけど読み応え抜群なのですが、なかでも今回一番面白かった記事は Franlin Habit氏の”Practical Insanity A Giddy Whirl through the page of Weldon's Practical Needlework"です。
19世紀後半のロンドンで販売された手芸雑誌(?)に載っているすごい(正確な意味ですごい)手芸品の紹介です。ついでにreins for childrenの作り方まで翻刻されている。それとその効果も。これを読んで、オランダでよちよち歩きの子供に引き綱をつけていたなあとか思い出しました。日本でどうして普及しないのかなあ。

0

2011/1/12

バフォメット  徒然

 クロソウスキーの『バフォメット』読みました。天ぷらーテンプラーを扱った作品のなかでは一番のおすすめと知人に勧められた本です。バフォメットという題名から、ちょっと敬遠していたのですが、読んでみると面白いです。一回読んだだけでは何だか良くわからないけど面白い。私はテンプラー関係の小説ではウンベルト・エーコの『フーコーの振り子』が好きなのですが、全貌をつかみにくいけど読んでしまうという点では似ています。テンプル騎士団ってそういうものなのかしら。

 それに関連して、エーコの『バウドリーノ』も読みたいな。

0

2011/1/9

頭痛  徒然

 初頭痛で寝込みました。丸3日続いたのです。偏頭痛とかではなく、おそらく風邪の頭痛です。最近、風邪を引くと体の悪いところで出るらしく、だいたい頭が痛くなります。ついでに顔面も痛くなります。

 いい加減寝ているのにも飽きた頃にようやく治まって来ました。やれやれですわ。


0

2011/1/4

劇場中継  徒然

お正月休み中は珍しくテレビを観ました。箱根駅伝とか箱根駅伝とか舞台中継とか。
舞台中継は3日の国立劇場。『四天王江戸鏑』だったかな。毎年お正月の国立劇場は菊五郎劇団が、派手で楽しい初舞台をみせてくれます。何の気なしに見始めて、面白くて最後まで観てしまいました。時蔵さんがそれはそれは楽しそうに茨城婆を演じていました。あと、驚いたのが、右近さんが大人っぽくなっていたこと。小さい頃はぽちゃぽちゃとした坊やだったのに、きりっとして声も良くてこれからが楽しみですね。梅枝さんや萬太郎さんも大人になったわねえ。ほれぼれ。その他、松緑さんがますますいい味を出してきたな、とか相変わらず菊之助さんはきれいだわとか、団蔵さんは格好いいわとか見所満載で、サプライズもありでお正月らしい舞台でした。ああああーーーー国立劇場行きたい!!!!歌舞伎観たい!!!

0

2011/1/3

獺  徒然

以前からカワウソは好きだったのですが、年末にBBCドキュメンタリーでカワウソの生態の番組を観て、ますますカワウソの魅力のとりこになりました。カワウソ、良いですよね。江戸時代には江戸の町中にも棲んでいたといいます。







0



AutoPage最新お知らせ