2011/1/12

バフォメット  徒然

 クロソウスキーの『バフォメット』読みました。天ぷらーテンプラーを扱った作品のなかでは一番のおすすめと知人に勧められた本です。バフォメットという題名から、ちょっと敬遠していたのですが、読んでみると面白いです。一回読んだだけでは何だか良くわからないけど面白い。私はテンプラー関係の小説ではウンベルト・エーコの『フーコーの振り子』が好きなのですが、全貌をつかみにくいけど読んでしまうという点では似ています。テンプル騎士団ってそういうものなのかしら。

 それに関連して、エーコの『バウドリーノ』も読みたいな。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ