2011/2/8

わたしを離さないで  徒然

 カズオ・イシグロ著 ハヤカワ文庫
映画が日本で公開されるということで、本屋で平積みになっているのを立ち読みしてみて、面白かったから買いました。何とも面白かったです。

 主人公のキャスとその親友ルースとの関係はあれかな、岩館真理子の『アリスにお願い』みたい。読み進めているうちにこうなんだろうなあ、というのは予測できるのですが、もしかして、という一抹の期待もあって、最後まで夢中で読んでしまいました。その、もしかして、という期待は、この小説の登場人物が抱いている希望なのです。 

 











 以下、続く。(ネタバレあり)
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ