2011/7/10

パピーイリオス4玉で作る作品コンテスト  crochet

 毛糸のポプラさんで行われている「パピーイリオス4玉で作る作品コンテスト」に参戦することになりました。指定の糸が送られてくるので、それを使って何かを編む。糸のレヴュー、作成過程、完成品をブログで公開することになります。しばらくはその記事中心になるかもです。

 そこで、早速到着した糸はこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

ぴんぼけぼけですな。色は緑。



レーヨン86%、ナイロン14% 黒いレーヨンの芯にラメ糸を巻いている形状。はりっとしています。

 実は最近毛糸屋に行っていないので、送られてきて初めて手に取りました。思っていたよりも、難物っぽい。これで着るもの編めるのかしら?でも、ちょこっと試し編みをしてみたら、なかなか模様が綺麗に出るので、第一印象より使いやすそう。しかし、これを使って何を編むのか、しばし、悩む。

 コンテスト参加が確定したときは、キャミソールを編もうと思っていました。でも、直接肌につけるものを編むのは難しそうです。編んでみた感じはアクセサリーに向いている。ラリエットとかネックレスとか。でも4玉使って編むとなると・・・・アクセサリーでお茶を濁していいのか悩みます。襟とかフリルとかエジングに使うのが良さそうに見えるけど、これも趣旨に反するような気がして却下。

 というわけで、アクセサリーと着るものの中間でどちらかというとアクセサリー寄りのケープを編み始めました。
 
 ちょっといい感じかもよ。
0

2011/7/7

どうして僕はこんなところに  徒然

ブルース・チャトウィン著 神保睦訳 角川書店 
アマゾンの中古で買いました。新品といって良いくらい綺麗な本でしたよ。

1989年に早世したチャトウィンの自選短編集であり遺作。これの中身が濃いこと。読むのに時間がかかりました。でも読み終わるのが残念でした。これを読む前に『パタゴニア』と『ソングライン』は読んでおいた方がよいかもしれません。狼少年、イエティ、インディラ・ガンディー、ドナルド・エヴァンズ、ベナンのクーデター、サザビーズ、ヘルツォーク、旧ソ連、麗江、アフガニスタン、マルセイユのアルジェリア系フランス人、エルンスト・ユンガー、ロシアン・アヴァンギャルド、ナスカの地上絵、アンドレ・マルロー・・・・など、題材は多岐に渡っています。最初から最後まで順を追って読むもよし、適当にぱっと開いたところから読むのもよし、今度旅行に行く時はこの本を持っていこうと思います。


しかし、恰好良い人よね。
0

2011/7/3

近況報告  徒然

 梅雨が明けていないうちにすでに夏バテです。でもね、寝る時は冷房つけていないのですよ。冷えるから。ノースリーブのワンピース(かなり、ぼろ)を寝間着として着て寝ているのですが、足が妙に冷えてしまっていました。はい、今日からはパジャマのズボンをはいて寝ます、

 編み物熱は、暑さに負けて、お休みです。Granite、あと袖を編めば出来上がりなのですけどねえ。できたとしても暑くて着られないかも。モチーフも指に汗をかくので中断。

 もう少し、身辺(主に仕事関係。9月で今の職場の契約が切れるんですよ。)が落ち着けば良いんだけどなあ。

 
 レース(かぎ針)でも編もうかな。
0

2011/7/2

チャトウィン  徒然

 ここのところ、頭痛、倦怠感、足のむくみなどでくたくたでした。で、職場の扇風機の風向きを変えたら、急に楽になりました。いくら熱中症予防といっても、強風が体に当たると体調を崩します。

 『新ナポレオン奇譚』も読み終えて、何か他に読む物がないか物色中です。暑い時は暑い本ということでブルース・チャトウィンの『ソングライン』を拾い読みしていました。それでチャトウィンの他の本も読みたくなって、アマゾンで探したら、『パタゴニア』以外は絶版みたいですね。『どうして僕はこんなところに』を古本で買いました。原書を買って読んでみようかとも一瞬思ったのですが、結局投げ出すのではと思ったり。アマゾンのなか見検索で最初のページを読んでみて、読めるかなあと思ったり。どうでしょう?チャトウィンの英語は読みやすいですか?

ペンギンブックスの表紙は美しいので好きです。英語の勉強も兼ねて買って読んでみようか。



In Patagonia

The Songlines

What Am I Doing Here


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ