2010/12/12

改宗  観劇

 久しぶりに舞台を観て来ました。ブロードウェイミュージカル『coco』です。初演が良かったという評判を聞いて、なんとなくチケットを購入していたのですが、本当に、良かった、です。

ワタクシ、今日からツレ教の信者になります!鳳蘭様を女神として崇め奉ります!という気分になりました。

だまされたと思って観てみてね。

個人的には鈴木綜馬さんのハの字眉毛がつぼでした。今陽子さんとのデュエットも最高!もちろん、ゆみこちゃんも!
0

2010/8/29

エリザベート  観劇

帝国劇場 キャスト エリザベート;瀬奈じゅん トート:城田優 ルドルフ:田代万里生
もう何回もみているし、今回はみなくていいかなあ、などと思ったりもしていたのでが、思っていたよりもずっと良くて、もう一回みたいと思いました。意外だったのが、あさこさん(瀬奈じゅん)のエリザベートが自然で歌もよかった事。彼女の男役姿からは想像つきませんでした、ちょっと気のいい感じがはしばしに見えるのがいい。あと城田さんのトートもよかったです。彼は「スイーニー・トッド」で演技をみた事があるので、ビジュアルもぴったりだし期待していたのですが、期待通りでした。ルドヴィカは阿知波さんが良いなあとか、お父さんは村井国夫さんがびったりだわとか、思う存分楽しみました。来月もまた別のキャストで観に行きたいな。

帝劇に行く前に、この間、糸が足りなくなったショウルの糸を買いにいきました。東銀座方面にある東京アートセンターという手織り教室に併設されているお店で、いつも2かせくらいかってしまう。足りない糸はあと半かせしか残っていなかったので、ぎりぎりセーフでした。糸の色を確かめるために編みかけのショウルをお店の人に見せたら、お世辞だろうけど「商品になりますよ〜」と褒めてくれたので、気を良くしてしまい、シルクウールの段染めの中細くらいの糸を2かせ買ってしまいました。おだてにのりやすい私。
0

2010/6/13

キャンディード  観劇

帝国劇場
ジョン・ケアード演出。ジョン・ケアードの演出は結構好みです.シンプルな装置で場面転換が早くて演劇的な面白さが味わえる。今回のキャンディードもそういう演出でした、ヴォルテールが登場人物を糸操りのように操る幕開きが仮名手本忠臣蔵の大序の始まりみたい。
 以前、宮本亜門演出のも観た事があるのですが、そっちよりも物語が全面に出て来ている感じで、どちらかというと物語中心に観劇する私の好みです。でもかなり以前に観たのに、曲とか台詞とか覚えているものですね。「一度は王であったが、今は王ではない」とか「お尻が半分」とか・・・。
 曲はもちろん、出演者も素晴らしくて、本当に面白い舞台でした。色々考えさせられるところもあり、知的で寓話的。もう一回みたいと思わせる舞台。

 3列目で観劇したのですが、私の前を井上君(キャンディード)が通ったのでした。膝の上に座ってほしかった。(爆)そんなおまけもあって嬉しい舞台でした。
0

2010/6/12

SHOW-WA-SHOW  観劇

草月ホール
 以前からタナボタ企画が好きだったので、久しぶりに観ました。思いつきで当日券で観たのですが、面白かった。本当にいい歌を楽しめて、心から笑いました。楽しかったなあ。公演CDかDVD発売しないかしら。映像も観たいからねえ。岡さんの衣装も素敵だし・・・・。
昭和の歌という企画なのですが、服部良一とか中村八大とか垢抜けた歌が多かったです。それが林さんの選曲センスでしょうね。でも、また同じ顔ぶれでこてこてのも聴きたいな。橋幸夫とか。
 個人的に思い出のある歌は「モスラの歌」。幼稚園の頃、お友達のせいこちゃんの家に行くと必ず聴いていた時期があります。子供用のレコードプレーヤーでドーナツ盤のモスラの歌のレコードをかしこまって聴いていた。全然意味が分からない歌だったけど、悲しげな「モスラ〜やっ」というフレーズが耳を離れません。あとは、なぜか覚えていた「涙をこえて」。小学生のときに歌ったのかなあ?「なーみだっをーこぉええてぇいこぉ〜」というサビが忘れられない。
0

2010/5/23

五月大歌舞伎(新橋演舞場)  観劇

久しぶりに歌舞伎見物。新橋演舞場です。いやはや、本当に良かったです。七之助に歌右衛門さんの面影をみてしまいました。助六は夢の世界へいざなってくれます。水入りがあると、芝居の世界が明確になりますね。
次は7月。
縮屋新助も観たいし、吃又と馬盗人も観たいよ〜。
お弁当は梵のビーフヘレカツサンド。美味しかったな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ