2019/4/16

(無題)  

43歳ウッズ完全復活
クリックすると元のサイズで表示します
 泥に塗れて、転落人生
 次々とメジャー大会を制した黄金期、ウッズは世界のゴルフファンの憧れだった。信じられないようなスーパーショットを連発して、他の追随を許さず、ぶっちぎりの優勝をさらった20代前半のタイガー・ウッズ。ゴルフの聖地セント・アンドリュースでの全英オープンの4日間の録画を2回収録したのだが、VHSのテープ式なのでずっとお蔵入りにしてきた。あの頃から15〜16年になろうか・・・。天才ゴルファーの名を欲しいままにしてきたウッズだったが、不倫騒動、度重なる腰の手術、薬物の影響下で車を運転しての逮捕・・・決勝ラウンドの最終日、おなじみの赤いウエアを着て、大観衆の期待に完璧に応えた若き日のスーパースターが消えた。14年ぶりになるんだという。『こういう(復活の)日が来るとは数年前は信じていなかった』というウッズ、私たちのまぶたに残っているウッズは、最終4日目には断トツのトップを走っている勇姿だが、今回は『6か月前から準備してこの大会に合わせてきた』周到な準備を土台に勝負強さを取り戻し、メジャーで自身初の逆転劇を演じた。

グリーンジャケットがよく似合う
ウッズは決勝ラウンドの最終日、お馴染みの赤いウエアを着る。今回もやはりそうだった。ゲン担ぎか最終日に臨む決意の表明か、私がテレビで観る最終日の彼は、このスタイルで通し、そして表彰式でグリーンジャケットを着せてもらうのだ。このたびの写真は若い頃と違っていた。中年の囚人を思わすような坊主頭の兄ちゃんが、はにかんでジャケットの袖を通してもらっている。オーラを感じなかった。
 スーパースターだったタイガーウッズも、43歳の普通のゴルファーとして再出発したように私には新鮮に見えた。 これからも40歳代のウッズを応援していきたい。
 
 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ