2019/4/19

(無題)  

ロックスもどき
クリックすると元のサイズで表示します
ベーグルの固さが勝負
数日前の我が家の朝食に『ロックスもどきのハンバーガー』が登場した。懐かしのロックス!もう16,17年昔、私が勤務していたボストン日本語学校の事務所横にあったイタリア人経営のファストフード店。流石に親しかった主人の顔は浮かんで来なくなったが、『ロックスの美味な味』は今も鮮明に覚えている。
 私が愛したロックスは、独特の固さを持ったベーグルという丸いパンを水平に半分に切り、片方にクリームチーズをたっぷり塗る。その上に野菜(玉ねぎ等あるものでよい)を乗せ、燻製のサーモンを並べ、その上に残った半分のベーグルでふたをして出来上がり。『ロックスもどき』とカミさんが言ったのは、淡路島内で我々の目の届くところに、この固さのベーグルを売っている店がないからだ。
 上の写真は毎年11月末から12月の時期に知人がクリスマスプレゼントで送ってくださるケーキ。同じ食べ物だからと保存の写真を掲載した次第。
佐野にお店が・・・
 淡路島にも、津名の佐野に大坂から若いご婦人が来られて、金、土、日の3日間営業しているとネットに出ている。この度作ってくれた『ロックスもどき』も美味しかった。ベーグルの固さがないのがさびしいが、たっぷり塗り込んだクリームチーズと燻製のサーモン(〇〇サーモンと英語の単語が出て来ない)の味が懐かしく、カウンターごしのイタリア人の主人と陽気な奥さんの顔を浮かべながらいただいた。
 5月のゴールデンウィークに佐野までベーグルを買いに行こうとおもっています。まだまだ食い気が衰えない私です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ