2019/4/1

(無題)  

新元号は『令和』
クリックすると元のサイズで表示します
元号に関心なしの一般学生! 
新元号は『令和』となった。この言葉に込められた意味は、『読みやすく』『書きやすい』など、手続きに定められた留意点に沿って絞り込まれたそうで、出典は初めて日本の古典『万葉集』の『梅花の歌三十二首』から採ったそうだ。
 11時30分に国民に発表するというので、テレビ局は挙って朝から新元号に纏わる番組を流し続けている。私は、どんな元号になろうとさして興味はない。
 私自身の精神史を振り返ると、大学生になるまでは ごく一般的なノンポリ学生だったが、全国の大学に吹き荒れた学生運動の余波で、世の多くの学生は、程度の差こそあれ、左に傾斜した。文字通りの左翼学生が大量に生まれる。それまでは全く政治に無関心だった私も、気が付いたらいっぱしの『左』の学生、マルクスボーイになっていた。
人権問題を研究す!
 私の場合は、教育学部の学生で、同和問題をはじめ教育差別の研究に没頭し始めて以降、天皇制の問題に歴史的に異を唱える社会主義者となっていた。当然元号も使用しなかった。
 そんな堅物の私だったが、年を取るに従って『元号』使用に対してマヒしていった。美智子皇后の生き方に私は少なからぬ感化を受けたように思える。新婚時分から女官たちに伝統順守を執拗にせまられ、それとの闘いに小さくない精力を使わざるを得なかった彼女の生き方に感銘を受けた私だった。
一人でも出来ることがある!
 『人それぞれ!』という人間の生き方を切実に意識させられたのは、美智子妃殿下の生き様に学んだことだ。イチロー選手がメジャー・リーグへ単独で切り込んでいって、独りで大リーガーやアメリカの野球ファンの認識を変えたように、彼女も孤軍奮闘して皇室を変えてきた。彼女の精神力はイチローと同じく敬服に値する。

 令和元年の元旦! 硬直した頭に刺激を与えてくれた美智子さんは やはりすごい人だ。
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ