2019/5/16

(無題)  

仁徳天皇陵 世界遺産へ
クリックすると元のサイズで表示します
 ユネスコの諮問機関は、日本最大の前方後円墳「仁徳天皇陵古墳」(大山古墳、堺市)を含む大阪府南部の「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に登録するよう勧告した。全49基の古墳が対象。文化庁が14日発表した。天皇や皇族が葬られた「陵墓」が世界遺産になるのは初めてだという。
「仁徳天皇陵」は、私たち戦後に中学、高校で学んだ者にとっては、古代史で最もポピュラーな史跡で、当時の教科書でも写真が掲載されていた記憶がある。淡路島にも『淳仁天皇陵』、その妃の『当麻陵』等があるが、その規模は比較にならない。

 仁徳天皇陵古墳など一部の名称を巡っては、被葬者が特定できていないとして学会などに異論もあるようだが、推薦書は宮内庁が陵墓として管理していることを踏まえ、「天皇陵古墳」と表記した。
 富士山然り、仁徳天皇陵然り、類い稀な世界遺産の存在に 私たち日本人は改めて誇りに思う。
0

2019/5/15

(無題)  

イングランドの丘で
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
JA淡路島の年金利用キャンペーンで抽選に当たったので、景品交換がてら美菜恋来屋へ行った帰りに最近市民は無料になっているイングランドの丘を歩いた。私たちの年になると、気持ちのいい風の中を色とりどりの花に囲まれながら歩くのは 実に気持ちが良い。それぞれの花の名前をカミさんに教えてもらったが、全く頭に残っていないが、バラとかポピーとか名前以上に目から入ってくる気持ち良さに うっとりする。
 このところ、私たち二人は、日陰になっている東屋に腰を下ろしてソフトクリームを食べるのをコースに入れている。汗ばむ位暑かった今日の味は格別だった。
0

2019/5/14

(無題)  

お巡礼の接待
クリックすると元のサイズで表示します
 ぼうさんたちの踊り
 カミさんは、8時30分に万勝寺に行って、四国から来るお巡礼さんをお接待するお務めをする。この『巡礼』の行事は私が子どもの頃から続いていて、その頃は、巡礼さんの一行を各家で一泊接待をし、祭壇を設け、お米などのお接待を準備し、巡礼一行をお迎えした。巡礼一行は、お寺や庵にお詣りする。
 この巡礼の方式も時代と共に変化してきているようだ。最近は『金剛流御詠歌合唱団』という真言宗の若手の僧侶で構成されたヒーリングミュージックがいくつも出来ているらしい。今日カミさんが『曼荼羅の響(おと)』と題するイベントのチラシをもらってきた。明日15日にしづかホールで公演、入場料は全席指定で2000円。仏教の基本を全く知らない者にとっては、2000円はちと高過ぎる。
国際化時代に打って出て
 国際化時代で、アメリカ始め日本人がたくさん住んでいる国がいくつもある。『曼荼羅の響(おと)』は喜ばれるかもしれない。明日のリハーサルか、今日万勝寺の本堂で『御詠歌』を歌ってくれたらしい。すごいボリュームだったらしい。もう15年ほど昔、淡路人形座の一行がアメリカ公演を実施、ニューヨークからボストンまで8か所で公演したが、どこも好評だった。
また、よく似た時期、市のだんじり唄のグループが、ニューヨークのカーネギーホールで演奏した。職種を問わず、若者たちが海を超えて文化交流するのは素晴らしいことだ。行政もこの辺りに支援できる余地がいろいろあるに違いない。

 
0

2019/5/13

(無題)  

カミさんの仲良しグループ
クリックすると元のサイズで表示します
 無理をせず、楽しい教室 
 古希を迎えたカミさんには、気楽に誘ってくれる二つの食事会の仲間がある。その一つが今日、倭文のレストランで会食会が持たれた。カミさんは、かなり長いことサンプールで水泳教室に通った。アメリカから日本に帰ってきた(4月)その5月から通い始めたそうで、数年前まで続いていたから、相当長い期間通ったことになる。カミさんは、小学校の教師をしていたが、1年生や2年生ばかりで、6年生を担任した年は、男子教師が水泳の指導をいっしょにしてくれた。従って、教室に通い出した頃は、初心者同然だった。それが、1年1年少しずつ先生の指導よろしく、平泳ぎ、クロール、背泳、とそれぞれ形になっていった。しまいにはバタフライも出来るようになっていた。もちろん、何とか形が出来るという程度だったが・・・。
 今日は少なくて7名だけだったそうだが、11時から4時頃まで 食事、お茶、おしゃべりと、楽しい時を過ごしたという。
乙女会
 もう一つの食事会は、県立明石南高校のバレー部のチームメイト4名が毎月一度集まる食事会。カミさんだけが淡路に住んでいるので、4回に一度は淡路まで来てくれる。『乙女会』という名前を付けている。彼女たちの監督は白瀬先生という北阿万出身の方で、若くして病気で他界された。私たち家族が淡路へ帰ってから6、7年たった頃だったように思う。台風のシーズンだった記憶があるが、白瀬先生に指導していただいたチームメイトが全員北阿万まで葬儀にかけつけた。新興チームに拘わらず最後の県大会でベスト4まで進めてくれた恩義を部員はみんな強く持っていたのだろう。

 年が行くほど、いっしょに運動したり活動したりした仲間は大事にしたいものだ。幸いにもカミさんには二つの友だちグループがある。特に島外から嫁いできた者にとっては 掛け替えのない仲間だ。いつまでも仲良くしていってほしい。
0

2019/5/12

(無題)  

絶景でめぐる桜の旅(続き)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 ※平野神社周辺の桜の美しさ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ