2019/5/6

(無題)  

永遠の夏
クリックすると元のサイズで表示します
水芭蕉の花が(夏の思い出)・・・

 夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空
 霧の中に うかびくる やさしい影 野の小径
 水芭蕉の花が 咲いている 
 夢みて咲いている 水の辺り
 石楠花色に たそがれる はるかな尾瀬 遠い空

 夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 野の旅よ
 花のなかに そよそよと ゆれゆれる浮き島よ
 水芭蕉の花が 匂っている
 夢みて匂っている 水の辺り
 まなこつぶれば 懐かしい はるかな尾瀬 遠い空

みかんの花咲く丘

 一、みなんの花が咲いている 思い出の道 丘の道
   はるかに見える 青い海 お船がとおく 霞んでる

 二、黒い煙を はきながら お船はどこへ行くのでしょう
   波に揺られて 島のかげ 汽笛がぼうと 鳴りました

 三、何時か来た丘 母さんと 一緒に眺めたあの島よ 
   今日もひとりで 見ていると やさしい母さん 思われる

懐かしい歌集を出して
 何種類かの歌曲集を持っている。今日の2曲が収録されているのは『映像で綴る 美しき日本の歌』全8巻の第6集。発行が『日本音楽教育センター』だけあって、教育委員会推薦の色彩が強い歌曲集だ。このシリーズを買ったのは、曲を聴きながらバックに日本人のふるさとの映像が出て来るのが気にいったから。選曲されている100曲余りの歌は、ほとんど私でもよく知っている曲ばかり。CDでないのでもう使えないのかと思っていたら、ビデオデッキがそのままだったので これから楽しみだ。陸上のオリンピックやイチローの向こうへ行った数年の大活躍の映像は、保存が悪くダメにしてしまったのは返す返すも残念である。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ