2019/6/25

(無題)  

『耳ひっぱり』で疲労を取る
クリックすると元のサイズで表示します
 一月ほど前、月刊雑誌で写真のような本のコマーシャルが目に留まった。出版社は飛鳥新社、著者は藤本靖という理学療法士。内容よりもタイトルに興味を持った私は、南淡図書館に問い合わせ、他所の図書館から取り寄せていただいた。
 内容も分かり易く、一栄さんに読んでもらって、『耳ひっぱり』のやり方を指導してもらった。
百歳体操にプラスして
 要は、左右の耳を親指と中指で挟んで、ゆっくりと『あ』、『い』、『う』、『え』、『お』と声を出して数えながら、伸ばしたり、縮めたり・・・を繰り返す。これだけの『耳を引っ張る』運動を5分間程度やるだけである。強過ぎても耳をいためるし弱過ぎても効果がない。
 今月の毎週木曜日、町内の老人会を中心に『百歳体操』にカミさんといっしょに参加しているが、こちらの方は体全体の体操で、よく考えられている。『耳ひっぱり』の方は、部分体操だ。何回やってもいいらしい。耳を傷めない程度に気をつける。
『大腰筋の筋トレ』
 以前、ブログで紹介したことがあるけど、『寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい』(久野信也筑波大学教授)で推奨している5つの運動を毎日続けている。これらに加えて、ジムで取り組んでいる種々の運動もある。今年の年末頃には下半身を中心に少しは筋力アップできているんじゃないか、と楽しみにしている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ