2019/7/10

(無題)  

初(はっ)ちゃんも練習!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今日は7月10日。もう少しで二月が来る。私が真言宗の読経の練習を始めたのが6月16日だから、15日で満二月になる。夕食をいただいた後のひと時、一栄さんと一緒に経典を唱える。お中元を送っていただいてお礼に電話で話しをした折に、『しばらく前から一栄さんにご指導いただいて、読経の練習を始めたんよ。』と近況報告すると『前々から思っていたんだけど、私もこの際始めてみようかな』と初ちゃんはえらい乗り気。かと言って、宮口家の俊彦さんは3男だから、家には先祖代々の仏壇はない。仏壇がなくても簡易の仏壇でお祭りすることは出来るだろう。早速私は万勝寺へ行ってご住職に400円で経典を売っていただき、三木市の初ちゃんに送った。『私も結婚前に玉枝さんから教えてもらったから見ながらなら上げることは出来るんだけどね』。
 子どもの頃、夕食後のひと時、毎晩仏壇に向かう母親の姿を見て育った私たち兄妹。玉枝さんも喜んでくれているだろう。
0

2019/7/9

(無題)  

クリックすると元のサイズで表示します
脳が喜ぶ歩行の10か条
第1条 お腹と背中と腰で立つ。
    @ お腹 「丹田」(おへその少し下あたり)を意識すること
    A 肩甲骨を軽く引く。この時、胸の上側の筋肉が軽く緊張。
    B 腰 骨盤を少し前傾させる。
第2条 肩甲骨から歩く。
   ●歩く動作は上半身のひねりを下半身にうまく伝えることから。
    肩甲骨から歩き出そう。(この項、抽象的で分かりずらい)
第3条 肘は軽く曲げて、後ろに引く。
   ●マエケン体操・・・肩甲骨周りのストレッチも忘れずに。
第4条 骨盤を前傾させて歩く。
   ●まずは正しい姿勢に戻る
    丹田を意識して立ち、骨盤を前傾させて歩き出そう。
第5条 着地はかかとの真ん中で
   ●つま先を真正面に向けて、あまり意識し過ぎずに
     3点足法あおり運動
第6条 着地した足の上に乗る。
   ●ピンと背筋を伸ばして、着地した足に体重を乗せる。
第7条 疲れたら立ち止まって、正しい立ち姿勢に戻ってみよう。
   ●幅5センチ程度の一本線上を歩く。
第8条 普段+10センチの歩幅を意識。
   ●認知症の発症予防。
   ●普段より半歩前に踏み出すつもりで。
第9条 ときどき早歩きを入れよう。
   ●普段歩きと早歩きを交互に。
   ●息がはずみ、軽く汗ばむくらいの速さで。
   ●一日トータル20分間をめざそう。
第10条 無理せず、楽しく、一栄さんと歩こう。
   ●歩かない日は、鏡の前で姿勢のチェック。
   ●お天気や体調に合わせて、休むことも大切。
   ●自分の趣味と歩くことを結びつけてみよう。
      (私の場合、歌がいいかも・・・)

 ※楽しんで 歩こう!








0

2019/7/8

(無題)  

スタンフォード式 最高の睡眠
クリックすると元のサイズで表示します
90分の黄金法則
 書店で『最高の睡眠』というタイトルに誘惑されて1500円で購入した。著者は西野精治スタンフォード大学医学部教授。大学の『睡眠生体リズム研究所』も兼務する。
まずプロローグで西野氏は主張する。

(1)睡眠にまつわる悩みもストレスも、『量の確保』では解決しない。たくさん眠ったところ  で最高の睡眠は得られない。
(2)最高の睡眠とは『脳、体、精神を最高のコンディションに整える、究極的に質が高まった  睡眠』である。
(3)睡眠の質は、眠り始めの90分で決まる。これを90分の黄金法則という。つまり、入眠直後のもっとも  深い眠りの90分が 最高の睡眠の鍵を握っている。
睡眠に課せられた5つの任務
(1)眠り始めの黄金の90分で、しっかりと副交感神経優位に転換し、脳と体を休ませる。
(2)記憶の定着を進ませるために、学習後に睡眠をとる。
(3)良い睡眠は、生活習慣病の改善にもつながる。とりわけグロースホルモン(成長ホルモン)は黄金の90分にもっとも多く出る。
(4)免疫はホルモンと連動しており、睡眠が不適切になると、ホルモンバランスが崩れ、免疫の働きもおかしくなる。
(5)脳の老廃物をとる。

※ここまでで前半の3分の1まで進んだ。健康に生きていく上で、睡眠の問題は正面から課題とすべき問題である。まず、睡眠にま正面から関心を持つことが大事なんだろう。現在のところ2回位トイレに立つ以外問題を感じていないのだが・・・。

 
0

2019/7/7

(無題)  

大輪に再開して
クリックすると元のサイズで表示します
父と息子の誕生日に因んで
 今日は7月7日、七夕です。私の誕生日は12日、息子の一光(ひかる)君は13日。親父より一日遅れて出て来るところは、やはり人がらを表しているようです。慎ましやかな少年として育ちましたから。
 夏を代表する大きな花といえばヒマワリですが、ヒマワリにも劣らない大きな花を咲かせるのがタイタンビカス。アオイ科の宿根草で、アマリカフヨウとモミジアオイを掛け合わせた交雑種。アメリカフヨウの花の豪華さとモミジアオイの生育旺盛さという両者の良い形質を受け継ぎ、園芸的にも価値の高い植物だそうです。
 九州を中心に大雨が降り続いた今朝、一栄さんの明るい声。『お父さん、タイタンビカスが大きく花開いているわ!』。
秋まで次々と・・・
 タイタンビカスという名前は、神話に登場する巨大なタイタンと、同じ仲間であるハイビスカスにちなんでおり、その名前のように巨大でハイビスカスのような花を咲かせてくれます。翌日にはしぼんでしまう一日草ですが、次々と花を咲かせ、秋まで楽しませてくれます。(以上、神戸新聞の『花と緑の・・・』コーナーより。)
 もう何年も前にダイキかどこかで買ってきて庭に植えてくれました。デジカメを買って以来、俄然野山のきれいな草花を見つけてはシャッターを切るようになった私ですが、それだけでも精神衛生上 すごくプラスになっているようです。
0

2019/7/6

(無題)  

水岡さん 頑張れ!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 参議院全国区で教育界ただ一人の立候補者として出馬した水岡俊一先生。今朝の9時半から「しずかホール」で全島の小中学校の先生方が水岡氏を激励すべく駆け付けました。我が家も一栄さん共々参加して熱く応援しました。
 私が教職に就いてから すでに50年近くなりますが、その頃と比べると、日本の教師の結束力も信じられないほど弱くなっています。私たちが若い頃は、教育界だけで10人は国会に議員を送っていたでしょう。あの土井たか子さんを旗頭にして社会党が政権を取った時代です。どこの県でも社会党の国会議員がいたし、教育界代表の議員がいました。兵庫も小谷守議員、本岡昭二議員、水岡俊一議員が教育界を代表して兵庫の教育を前進させてくれました。あの頃は教育界は生き生きしていましたね。近い将来、『おたかさん』の時代を再現したいと願っています。日本の子どもたちの未来のために!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ