2019/7/11

(無題)  

森上ミュージアム その2

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1.森上助次(すけじ)の生涯
 上の2枚の写真は、昨日紹介したように京都の綾部市から明治時代、単独でフロリダへ移民、広大な綿花畑を成功させた助次本人と、今もデルレイ市一角に日本人はじめ現地の長年の友人たちが 彼のために作った墓である。
 かれが如何にして綿花畑で成功したか云々については述べないが、ごく簡単なことだけ述べるなら、財を成して他界する前、お世話になったデルレイ市に財産の大部分を寄贈し、郡の方はその厚意に報ゆべく、跡地の一部を市民に開放する広大な森林公園を作り、『森上ミュージアム』と名付けたこと。そして、後年、現在まで、綾部市とデルレイ市は姉妹都市提携し友好を深めている。
 2.綾部市、天橋立へ
 北島総領事との約束とは言え、重い腰を上げて、ディズニーランド、ナサ、そして『森上ミュージアム』まで足を伸ばしてよかった。帰ってから、綾部市を訪問し、助次の先祖の墓にもお参りできた。
 どういう経緯だったか思い出せないが、護国寺の三富住職が綾部市のご出身というご縁で市役所はじめ道案内をしてくださった。森上家の先祖代々の墓にもお詣りできた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ