2019/7/14

(無題)  

徐々に変わってきている
クリックすると元のサイズで表示します
(元女子レスリング 世界チャンピオン吉田沙保里選手)
クリックすると元のサイズで表示します
(解説者席で 舞の海秀平さんと)
世界に誇る稀に見るアスリート! 
 最近の大相撲も少しずつだが徐々に変化してきている。未だに女性が土俵の上に上がれないとか、印象としてまだ女性差別的な体質が幅を利かせている相撲界だが、名古屋場所も早中日のなった今日、幕の内力士の土俵入りから観賞した。今日の解説席のゲストは、日本人が世界に誇る元女子レスリングの世界チャンピオン吉田沙保里さんが 舞の海秀平さんの横に座っている。
 正確な数字ははっきり記憶していないが、世界チャンピオン連続16期、公式戦2百数十連勝と、とてつもない記録を打ち立てた 日本人が世界に誇る偉大なアスリート。
 現役時代から私も彼女の熱烈なファンだった。スポーツマンらしい溌剌とした試合マナー、試合後のテキパキした言動が気持ちよかった。
怪我が大敵!
 気持ちのいい選手と言えば、今日の解説者の舞の海のファンだったという相撲愛好者はたくさんいるだろう。『小よく大を制す』彼の取り口は日本人の中に相撲ファンを広げたし、女性ファンも増えた。あんな小兵で長期間幕内力士で居続けることは、想像以上の陰の努力をしていたのだろう。あの激しい土俵上は怪我が大きな敵でもある。最近では私の愛した小兵力士の宇良も怪我に泣いた。怪我と隣り合わせと言えば、レスリングも然り。あの激しいリング上で選手で長期間怪我をせず居続けられた吉田選手は、並外れたスポーツセンスの持ち主だろう。野球界で世界一の選手はイチローだと私は自信を持って言えるが、彼が様々な偉大な記録を作り続けられたのも、怪我をしなかったことだろう。シーズンの半分でも怪我で欠場すれば、彼の記録の少なからずは消えていたろう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ