2019/7/31

(無題)  

家族の熱い想いに触れて
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
〇ホームパーティに招かれて
 この2枚の写真は、私が赴任していたボストン日本語学校の最後の卒業式の頃に利根川教授の奥様真由美さんからいただいたもの。
 MITの利根川教授夫妻には3人の子どもさんがいて、上から『秀(ひで)』君、『英(はな)』さん、『知(さと)』君の3人。それぞれ高校部、中学部、小学部に通っていた。その年の日本語学校卒業式には利根川教授も来賓にお招きして、式の後、ツーショットを真由美さんに撮っていただいた。その年の秋、学校は 創立25周年記念イベントを大々的に行い、利根川教授に記念講演をしていただいた上に、3000ドルのご芳志をいただいた。
〇何十年ぶりかで筆を握って
 2002年2月22日、語呂がいい日、真由美奥様が利根川家のホームパーテイに私たち二人を招待してくださった。ボストンに隣接するニュートンという閑静は高級住宅地だ。
 パーティは、子どもたち3人で楽器の演奏をしてくださった。利根川教授から種々お祝いの品をいただいたのだが、一番感激したのが上の写真の色紙。真ん中に3人のお子さんの名前が書かれている。『主人は長いこと筆を握ったことないんですが、「毛筆の道具一式買ってきてくれ」と、何回も何回も練習したんですよ。』
 利根川ご夫妻の熱い心に私たちは感激したことでした。(以下、続き)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ