2019/9/21

(無題)  

ラグビー 初戦快勝
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 W杯開幕
4年に一度、ラグビー世界一を決める第9回ワールドカップ日本大会は、昨日4万6千人の大観衆を集めた東京・味の素スタジアムで開幕戦が行われ、初の8強入りを狙う世界ランキング10位の日本が同20位のロシアを相手に30−10で白星発進した。
 9大会連続出場で1次リーグA組の日本は、俊足の松島幸太朗の3トライなど計4トライなど計4トライでボーナス点の条件もクリアし、最大の勝ち点5を手にした。
 私はラグビーの試合をスルーで観戦したのは初めてだ。もう20年も昔になろうか、同志社大学に平尾誠二というスーパースターがいて、全日本の監督にまでも上りつめた。その頃はニュースなどでちょくちょく試合の様子をみていたが、彼の活躍が薄れるとともに私の関心も薄れて行った。
五郎丸選手の活躍で
 もう何年になるか、全日本チームが遥か格上の南アフリカに勝ったとき、日本のラガーファンは狂喜した。私もそれにつられて喜んだ。
 この度当時の模様をテレビで観ると、彼のゴールキックは単にフロックではなかったことがよく分かる。世界の強豪チームに追いつくためにハードな練習を一年も二年も積み上げていたのだ。私は頭が下がるとともに、日本の代表選手になった人たちの責任の重さを痛感した。
 ラグビー、アメフト共に、体力の限界に挑戦する厳しい練習の毎日が背景にあることを、この度のロシア戦を観戦しながら思ったことだった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ