2019/10/5

(無題)  

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
曼殊沙華まんじゅしゃげ)
 マンジュシャゲ = サンスクリット語
今年も彼岸花は田んぼの稲の実りを祝うべく、懸命に花を咲かせている。写真に収めながら、『彼岸花』の由来をデジタル大辞典で調べた。仏教で伝説上の天の花。サンスクリット語の音写。純白で、見る者の悪業を払うといわれ、天人が雨のように降らすという。このような説明だが、私は未だかって白い彼岸花を見たことが無い。辞書でも『日本では鮮紅色の花を咲かす』と解説されている。
シロバナヒガンバナ
 白色の彼岸花は、大きな白い花を咲かせ、やはり有毒植物である。「やはり」というのは、子どものころから、赤い彼岸花を採って匂いを嗅ぐと、実に嫌な臭いがしたものだ。この匂いが有害なのだろう。白色の彼岸花を見たことがある人がいれば、教えていただきたいものです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ