2011/9/18

南辺寺山頂に立つ  趣味

 南辺寺山頂に立つ

 この前登ったのはいつだったか・・・1年以上経っているかも? 今日の正午前、 久しぶりに南辺寺山(なんべっさん)の山頂に立った。

 この南辺寺山、 標高273M。 島内第6位の高さの山、 というより小高い丘と言ってもいいほど、 私にとっては身近なウォーキングコース。

 19年も前から 

 もう19年にもなる。 この南辺寺山に初めて登ったのは46歳の秋。 県教委の教頭試験を受けた週末の午後だったと記憶している。 筆記試験の一次試験から解放され、 教員としての最後の半年、 及び教頭になってからの体力づくりのために『ウォーキング』を開始したのだった。 その頃から『メタボ』(という言葉はまだなかったが)の兆候が出てきていた私だった。 ウォーキングの計画を立て、 毎土曜か日曜には南辺寺山に登るスケジュールを組んだ。 なぜ『南辺寺山』か? その理由は今は思い出せない。 早朝、 本庄川ダムまで歩いていたから、 コースをいくつか調べた挙句だったのかもしれない。

 景色が変わる・・・ 

 賀集側からこの南辺寺山に登るコースは2つある。 護国寺側からと、 国道28号線いから登るルート。 前者は急傾斜の道が多く、 体を鍛える意味合いの強かった始めの頃はよくこのコースを登った。 道端の木々に名札を吊るしてくれてあって、 いくつもの木の名前を覚えたものだ。

 ここ十年ばかりは、 ほとんど南コースを愛用している。 途中の景色が楽しみだったが、 今日久しぶりに登って、 拍子抜けした。 いつも休む場所があって、 南淡中学から福良湾の広がりがパノラマのごとく一望できる『絶景』が、 大きく茂った木々にさえぎられて見えなくなっていたのだ。

 約1時間のウォーキングコースは、 前半と山頂近くがアスファルト舗装されているものの、 中間の18分(私の足で)位は 昔ながらの石ころ道。 私はこの土と石ころの混じった道が好きなんだが、 ここ数年は、 山頂からのアスファルト道が延びてきているようだ。

 山頂には元南淡町長の森 勝氏の立派な石像が立っている。 その前の広場で石に腰かけて、 みかんを食べながら眼下に広がる賀集の家並みや田んぼを眺めたものだが、 ここも木々が繁茂して、 景色が見れなくなってしまっている。

 600〜700gを消費!

 ここ数日、かろうじて69s台を維持してきているんだが、 今朝の起床時は69.8s。 11時頃から歩き、 12時40分頃帰って体重計に乗ると、 何と『69.2s』。

 10年前頃までは、 この山の1回のウォーキングで1s位減ったものだが、 やはり年を取ると新陳代謝が鈍くなっているようだ。

 それにしても、 目標の『今月末68s』まで後1.2s。 山が見えてきた。
2
タグ: ゴルフ 囲碁 音楽



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ