2013/5/25

『読み聞かせ』の町  教育

『絵本の読み聞かせ』の町
  〜大地康雄さんへのインタビューから

 定期購読している小冊子で、 俳優 大地康雄さんへのインタビューを読んだ。 映画やテレビのドラマなどの主演俳優より、『脇役』ばかりに出てくる人の方が、 味を感じることが多い。 いろんな下積み生活を送ってきて、 現在もそれを忘れず堅実に生きていらっしゃるからかも・・・。

 読み聞かせは人生の宝の時間
 
 『絵本の読み聞かせ』で町づくりを進める町がある。 北海道の剣淵(けんぶち)町。
 子どもたちがひっくり返って笑う。涙を浮かべて聞き入る − 。 そんな絵本の読み聞かせに出会った大地さん。
 『絵本がこんなにも豊かな感性を育むのかと感動してね。 大げさに言うと、 子どもたちの顔と瞳に日本の明るい未来を見たわけよ。』

 この剣淵町では、 農作業や仕事の合間に、 町民が読み聞かせを担うんだそうだ。
 『読み聞かせは人生の宝の時間です。 思いやりや想像力、 言語力を育むだけじゃなく、 おとなもね、 子どもの夢中な顔に、 より愛情が湧くんですよ。』

 この剣淵町での出会いをもとに、 大地さんは映画『じんじん』を企画、 主演も務めたんだそうだ。

 『ブックスタート』

 過日、 南淡図書館で『読書っ子まつり』が催されたが、 このイベントの中に『ブックスタート』というメニューが今もあるのだろうか。 もうかれこれ10年になる。 当時の南淡図書館 黒田館長や松本さんたちスタッフが、 読み聞かせのボランティアグループの支援により始めた企画だった。 もちろん全国的にはあったが、 島内の図書館では初めての試みだったと思う。

 その趣旨に込められた願いは、 正に大地さんが語っておられるようなことだったろう。
子どもの豊かな情操や想像力は、 一朝一夕に育まれるものではない。 時間が必要なのだ。 この宝の時間を家庭で十分とれないなら、 地域で、 町をあげてとっていってやろう、 というのが剣淵町やわが町の『読み聞かせボランティア』グループの人たちの願いだろう。

 順番を間違えるな!

 大地さんは、 若い頃、 俳優の伊藤雄之助さん宅に弟子入りした。 今も忘れられない言葉があるという。
 『「やるなら一流になれ。 中身のある役者になれば、 名声も金も後からついてくる。 順番を間違えるな。』と、 俳優のイロハをたたきこまれたそうだ。

 とかく名声を得ようと知恵をめぐらし、 その前段である、 『中身』を身につけるための気の遠くなるような努力が軽視されがちな現代の風潮。 私たちは謙虚に我が身を振り返り、 傾聴すべきでしょう。

 
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ