2020/1/9

(無題)  

彩子先生への賀状
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 原川彩子先生から昨日賀状が届いた。ロンドンから。イギリス人のご主人、娘さんと家族いっしょの賀状。早速、今日イングランドの丘へ行って、今の風景を撮ってきた。彼女は何回も阿万まで来ているのだが、イングランドの丘までは行ったことがない。今日は4枚のブログなので明日のブログで彩子先生の家族との奇遇を書こうと思います。
0

2020/1/8

(無題)  


Always 3丁目の夕陽

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 
久しぶりに名作を鑑賞した。昭和33年の東京下町を舞台にした温かい人間ドラマ。山崎 貴監督を中心に、吉岡秀隆、薬師丸ひろ子、堤 真一、堀北真希等、中堅、若手の俳優がしっかり演技をしている。全国津々浦々から東京、大阪に向かっていった私の同世代の人たちが大勢いる。強烈なノスタルジアを感じさせられたドラマだ。第2作、第3作ト今月中に放映される。
0

2020/1/7

(無題)  

七草がゆがゆをいただいて
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 今日1月7日は、『七草がゆ』の日。農家ではこの日を想定して7種類の『青物』を家の周りの田畑や庭に育てている。「水菜」「春菊」「はこべ」「大根菜」「ほうれん草」「人参菜」「小松菜」の7種の野菜。無病息災、万病を除くことを祈願してこれらの野菜をおかゆにしていただく。
 我が家は、もう何年も前から生タナゴを一個ずつおわんに落としてもらっていただいている。私が希望したもの。子どもの頃は卵抜きだと全くそっけない味がして、姉弟で私だけともさんにお願いして生たまごを入れてもらうようになった。この辺が我が家の長男の私に対する甘い所だ。一人ひとりの子どもに入れると経費がかさむので、親父も苦虫を噛み潰した顔をして、ばあさん、じいさんの顔を窺いながら黙っていたが、ある年から『浩らにも入れてやれ』との親父の一喝で、子どもたち5人のお椀に生卵が入るようになった。大名の『ばか殿様』の扱いをしてもらっていた私だった。今から思うと恥ずかしい。
 
0

2020/1/6

(無題)  

我が家の階段・踊り場の飾り
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 3段目の絵は、娘の祐香ちゃんが嫁入り前に置いていったもの。
0

2020/1/5

(無題)  

仏教入門の研究
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 何度もブログで書いたように昨年の5月18日から仏教の基礎勉強を始めている。毎夕食後、勤行聖典の読経を続けているのを始め、これまで一栄さんが持っていた数冊の書物を読んできたのだったが、今日の午後、図書館へ行った序に仏教関係の本を3冊借りてきてもらった。『仏教用語の基礎知識』(山折哲雄編著)、『釈迦の教えが面白いほどわかる本』(田中治郎)『イラストで丸わかり 仏教入門』。 この3冊は初心者にはよく分かる本で、とっつき易く、読み易い。『用語の基礎知識』は別として、他の2冊ゆっくり反芻できるレベルの内容で、良い本を見つけてきてくれたと感謝している。
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ