2018/5/28

(無題)  スポーツ

 『江川問題』がムクムクと・・・
  〜 覚えてますか?

 連日世間を騒がせている『日大アメフト部の悪質タックル』の問題。一連の日大監督、コーチ、会見の司会者(広報部の人間らしいが)、理事長らの言動を見てくると、約40年も昔、スポーツ界を問わず世間全体に問題を投げつけた『江川問題』が ムクムクと私の脳裏に頭をもたげてきた。

TVは巨人戦だけの時代

 若い人たちには この『江川問題』の何たるか、全くご存じない方が多いと思います。社会全体もそうだし、私自身も社会に対する価値観を変えられた『大事件』でありました。 
 当時はまだ『ドラフト制度』がなかった時代。プロ野球界に行きたい選手は 各チームと個別に契約を結んで入団していたのです。この時代を如実に表現した言葉に『巨人・大鵬・卵焼き』があります。 野球では猫も杓子も、大人も子どもも巨人ファンが圧倒的に(言い過ぎか?)多かった。TV中継も 巨人戦しか放送しないんですから。(うそのようなホントの話) 私も人一倍ガチガチの巨人ファンでした。

巨人と決別

 30歳になっていたと思います。いっぱしの小学校教員だった私は いかにガチガチの巨人ファンとは言え『これはないだろう』と 初めて巨人に反旗を翻したのです。当時私は学級通信を発行していたのですが、『私は 本日以降 アンチ巨人の先頭に立って広島カープを応援します。』と子どもたちと親たちに宣言したんです。正義感が許さなかったんでしょうね。

巨人 = 日大アメフト部執行部

 要するに 巨人のやり方は、 金と人気を背景に 何をやっても世間は見逃してくれるというおごりがあったんですね。 阪神に移った小林繁投手が マウンドで 目に涙をためて巨人のバッターに立ち向かっていった姿を今も覚えています。

 不正を指示しておきながら その責任を選手にかぶせ 逃げている監督、コーチ、当局の姿が私には40年前の巨人の姿にダブって見えます。

 その『大事件』は 『空白の一日』という言葉で永久に日本プロ野球史に残っていくでしょう。法政大学のエースだった江川卓投手が、阪神に入団するという大方の世間の見方に反して巨人に入団したのです。結果は、 巨人のエースだった小林繁投手が阪神に電撃移籍、その後の巨人のエースに江川が座るというワケ。

時代、人の心は移る

 『人間の考え方というのは人様々だな』と その時思い知らされましたね。 『愛想が尽きた』私などに対して、 何事もなかったように今まで通り巨人を応援している人がいっぱいいるのですから。 むしろ私の方が 圧倒的に少数派だったかもしれません。
 桑田と清原問題も巨人でしたね。 

 巨人のおごりは当分長く続くのかと思いきや、球団の人気は平準化されました。いいことです。 私も 広島ファンから イチローが7年連続首位打者がったころのオリックス、阪神がリーグ優勝したとき、楽天がマー君を立てて優勝したときのように、 その年の応援するチームは変わっていきました。道場さんのような応援の仕方もあるんでしょうが・・・。
0

2018/5/19

(無題)  スポーツ

クリックすると元のサイズで表示します
著者の予想を上回る 
 スピード出世
   〜藤井聡太語録

 しばらく前に洲本の書店で買った『藤井総太語録〜勝利を引き寄せる天才の流儀』。 彼の天才ぶりがいかに破格なものか、将棋ファンならずとも私のような素人にも何となく分かる。 『最年少記録』のオンパレード! しばらく前から寝る前の睡眠導入剤として付き合ってもらっているのだが、今朝の新聞を見て驚いた。『もう7段に昇段した』んだという。 
 本の著者氏の第1章の結びは『今後期待される記録 7段昇段の最年少記録とタイトルへの期待』というもの。 著者も、 うまくいけば今年中に昇段するだろうと期待する。

 ところが、である! 今朝の1面にデカデカと藤井6段の『7段昇段』が紹介されている。著者の希望的観測を上回る藤井6段の快挙! やはり天才肌なんだね。

詰将棋と いわゆる学力

 これまで半世紀以上にわたる幾多の棋士と違うところは、一つには詰将棋がめっぽう強いことだ。『強い』とさらりと流すのは失礼だろう。 異常に強いのだ。 もちろんプロ棋士も参加する詰碁選手権で6年生の時から4連覇している。これが彼の強さの背景・特徴のひとつ。 もう一つは、彼の学力。頭がいい少年という。この4月から 中高一貫教育の名古屋大学教育学部付属中学高等学校に通う。将棋マニアを超える頭のよさも彼の武器と言えるようだ。

気持ちのいい若者の活躍

 やはり若者が元気な社会は健全なんですね。現在は大谷選手と藤井7段。新聞やテレビを観て彼らの活躍を目の当たりにするのが楽しいこの頃です。大谷選手 6号を打ったそうですね。

 



0

2018/5/19

(無題)  スポーツ

クリックすると元のサイズで表示します
著者の予想を上回る 
 スピード出世
   〜藤井聡太語録

 しばらく前に洲本の書店で買った『藤井総太語録〜勝利を引き寄せる天才の流儀』。 彼の天才ぶりがいかに破格なものか、将棋ファンならずとも私のような素人にも何となく分かる。 『最年少記録』のオンパレード! しばらく前から寝る前の睡眠導入剤として付き合ってもらっているのだが、今朝の新聞を見て驚いた。『もう7段に昇段した』んだという。 
 本の著者氏の第1章の結びは『今後期待される記録 7段昇段の最年少記録とタイトルへの期待』というもの。 著者も、 うまくいけば今年中に昇段するだろうと期待する。

 ところが、である! 今朝の1面にデカデカと藤井6段の『7段昇段』が紹介されている。著者の希望的観測を上回る藤井6段の快挙! やはり天才肌なんだね。

詰将棋と いわゆる学力

 これまで半世紀以上にわたる幾多の棋士と違うところは、一つには詰将棋がめっぽう強いことだ。『強い』とさらりと流すのは失礼だろう。 異常に強いのだ。 もちろんプロ棋士も参加する詰碁選手権で6年生の時から4連覇している。これが彼の強さの背景・特徴のひとつ。 もう一つは、彼の学力。頭がいい少年という。この4月から 中高一貫教育の名古屋大学教育学部付属中学高等学校に通う。将棋マニアを超える頭のよさも彼の武器と言えるようだ。

気持ちのいい若者の活躍

 やはり若者が元気な社会は健全なんですね。現在は大谷選手と藤井7段。新聞やテレビを観て彼らの活躍を目の当たりにするのが楽しいこの頃です。大谷選手 6号を打ったそうですね。

 



0

2016/9/11

広島カープの優勝  スポーツ

久しぶりにプロ野球を観て
 〜25年ぶり! 広島カープの優勝 おめでとう

 ここ何年も プロ野球中継はあまり観なくなった。 たまに観るときはセ・リーグよりパ・リーグの方が多い。 日本ハムやソフトバンクにいい選手がそろっていて、 いい試合をする。 監督もいい。 栗山や不動といった理論家がいいチームづくりをしているように見えるのだ。 何よりも大谷選手。 今年も投手とバッターの二刀流を応援した。

 昨夜 東京ドームでの巨人ー広島戦をNHKが実況中継していた。 広島カープの25年ぶりのリーグ優勝がかかった試合。

 広島の先発は黒田。 ヤンキースとの高額の契約を振り切って 古巣広島にもどってきた41歳のベテラン投手。 彼の男気にチームメイトは 大いに意気に感じたことだろう。 6月、 日米通算200勝も達成、 8勝8敗でここまで来た。 優勝を決めるゲームの先発を託した緒方監督の信頼と思いやりを感じた。

 試合は6−4で広島が勝ち、 緒方監督が7回宙に舞った。 二人目は黒田、 三人目は新井が胴上げされた。 黒田が、 新井が、 緒方監督が泣いた。 いい光景だった。

 遥かなり 赤ヘル軍団

 もう40年も昔のことになるんだ。 野球に興味を持ってからずっとガチガチの巨人ファンだった私は、 突如アンチ巨人になった。 世に言う『江川問題』で 百年の恋がいっぺんに冷めたのだ。 

 巨人というチームを許せなかった。 打倒巨人だ。 そんな折、 巨人を倒す一番手のチームが広島カープだった。 当時のプロ球団は新聞社や鉄道会社がオーナーとなっていたが、 広島カープは有力な企業のバックがなく、 『市民球団』と呼ばれていた。 貧乏球団だったが、 球団経営はしっかりしていた。 ハングリー精神に富んだ有能な若手選手を地方から発掘してきて育てた。 甲子園にはほど遠い、 田舎の無名高校から選手を見つけてきた。 大野投手など地方銀行の軟式野球で投げていた選手だ。

 古葉監督、 田中総合コーチのコンビもよかった。 山本、 衣笠、 外古場、 北別府、 津田、 達川等々、 個性的な元気ものがたくさんいた。 彼らは赤いヘルメットでグラウンドをかけめぐったから、 当時『赤ヘル軍団』と呼ばれて人気があった。

 そんな広島カープを 私は応援し始めた。 何度か巨人をねじ伏せ、 リーグ優勝し、 日本一にもなった。

 強かった赤ヘル軍団も リーグ優勝から遠ざかってもう25年になるんだという。 昨夜のゲーム、 『遥かなり赤ヘル軍団』を思い起こしながら観戦した。 若くして病魔に倒れた津田投手。 実にきっぷのいい剛速球を投げ込むストッパーだった。 優勝を決めたマウンドで両手を上げて仁王立ちになった彼の勇姿を思い出した。

 広島の選手の皆さん、 優勝おめでとう!

 
0

2016/7/3

上町オープンで  スポーツ

上町オープンで
 〜3カ月ぶりに復活!

 今日は年に一度の私たち町内会のゴルフコンペ。 初めて島外に遠征して、 神戸市北区にある『ロータリーゴルフ倶楽部』の『ニューコース』。 18名の参加者中、 私が最年長者になりました。

 3月20日の『下町オープン』で 右膝を故障して以来、 県病の整形外科の先生から ウォーキングもゴルフもご法度を言い渡されていて、 家で 隠忍自重の日々を送っていました。 3カ月間の 太ももの筋力アップのリハビリが効を奏して 痛みが徐々に引いてきた昨今、 思い切ってエントリーしたのです。

 結果は アウト54、 イン46の100と調子はよくなかったのですが、 何とハンディが28,2もついて 優勝と相成った次第。 15代目の優勝者に名を連ねることができました。

 前半の「54」は、 シャンクOBあり、, バンカーで3度目に脱出あり、 特にバンカーショットで崩れてしまいました。

 後半の始め、 園生の謙ちゃんのワンポイントアドバイスが利きました。 右膝をかばってテイクバックが極端に浅くなっていたため、 フックやゴロのオンパレードだった前半、 これが修正できたのです。

 これから夏のシーズン、 少しずつ練習していき、 『80台』を目指します。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ