ホームページが新しくなりました!http://www.moriuchitea.com

2005/5/30

やったー!雨だ♪  百姓日記


 今日は、うれしい雨降り♪るんるん♪

 今年は、一番茶からずーっと雨が少なくて・・・
晴天が続くと畑仕事ははかどるのですが、茶の木は日陰のほうが好きなので雨が少ないと元気がなくなります。
 もちろん畑仕事ばかりの毎日では、かあさんの機嫌も悪くなります。
まさに今日の雨は、茶の木にもかあさんにも恵みの雨です。
 この雨でおなかのすいた茶の木君も先日振った肥料が溶けて満腹!
これでおいしい二番茶の新芽が出てきます。

 さて今日の雨には、ちゃんと理由があります。
ご近所に若い時より肥料1袋分いつもしょって生活している位大きくなったゆかちゃんがいます。
 お料理がとても上手でその上飲み会の会場の下見が趣味というグルメな方です。
 お茶専業農家の嫁なのですが、体質的に茶畑があわないのであまり畑仕事はしないようにしています。
 先日そのゆかちゃんが愛するかずくんならしをしていたのです。
もちろんおばあちゃんから若い衆までみんな知っているほど村中の話題になっていました。

 「ゆかちゃんが畑にいたから雨降るかな〜」

予感的中!ゆかちゃんの実力に脱帽です。

ありがとう〜!!!!!ゆかちゃ〜ん。〜(*^^)v♪
0

2005/5/29

三角おむすび食べちゃた?  百姓日記


 今日は、一日深刈り の仕上げでした。
ひょえー、疲れたビ〜。

 先日刈り落としたお茶の葉は、見事に茶色になってカサカサ状態。

今度は、三角おむすびでなく かまぼこ型にします。
切断面の枝の太さは、鉛筆くらいととうさんが言います。

地面から50〜60センチくらいでした。
お〜 これって中切りじゃん。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/27

三角おむすび  百姓日記

 茶期の長い我が家は、一番茶が終わったときから2番茶までが短いので管理作業がちょー大変です。
 やっと整枝作業が追いついたので今度は深刈り作業に突入です。

 浅刈りは摘採面から3〜5センチくらい、深刈りは10〜20センチくらい、中切りは地面から30〜50センチくらいのところまで下げて更新する事です。更新することによってそこから新しい枝ができてきます。茶の木に若返りをさせて元気でおいしい新芽が出るようにすることです。

 更新作業は、とても大変です。
もうちょっと若い頃は、力任せに強引に作業していたのですが、最近は、頭を使ってできる限り楽な方法をさがします。
 
 下の写真は、一度頭をアール3000で払って次に普通の機械で三角おむすびにしたところです。一度頭を払うことで2度目がずーっと楽になります。このまま2〜3日おいて太陽の光をいっぱい受けて萎凋させて茶色でカサカサになってから仕上げをします。歩きやすいしきれいになります。
 このとき茶園はとても甘い香りに包まれています。丁度紅茶を作る時の香りと一緒です。足元は、ガサガサと落ち葉の中を歩いているようです。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/23

管理作業  百姓日記


 一番茶が終わった今は、2番茶に向けて茶園管理の仕事をしています。
その一つが、整枝作業
一番茶を摘み取った後にのんびり屋さんの新芽が出てきたりしてボサボサしてきます。そのままにしておくと硬化して2番茶の摘み取りの時に新芽に混じっちゃうんです。だからきれいにカットしておきます。それを整枝作業と言います。お茶刈り機に似た刈りならし機2人で持って一番茶の摘採面から下げないように注意しながら作業します。

 とうさんは、毎朝7時ちょっと過ぎに仕事に出かけます。
かあさんは、えらいので(?)重役出勤です。
かあさんが出勤するまでの間にとうさんは、一人でできる仕事をしています。最近は、間切りをしています。
 茶の木の畝間を作業しやすいようにカットする事です。

写真は、間切りをしているとうさんです。


 クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/19

べにふうき  百姓日記


 珍しく一番茶で釜炒り茶を作りました。
お茶の葉には、酸化酵素があってその働きを止める方法として熱をかけます。一般に良く見かける煎茶とは、蒸気を利用して酸化酵素の働きを止めます。釜炒り茶とは、釜で炒ることによって酸化酵素の働きを止めたお茶です。特徴として味がマイルドになり独特の釜香があります。ですから湯冷ましでなく暑いお湯で入れても薫り高いおいしいお茶が楽しめます。

この日の品種は、べにふうき
日干萎凋をあまりしなかったので葉っぱそのままの香りがして
なぜかべにふうきにありがちなにが渋みが少なくうまみがあり結構いけちゃいました。
 この品種は、花粉症に効果があるといわれているメチル化カテキンが多く含まれる品種です。メチル化カテキンは、一番茶より2番茶の方が多く含まれます。今後2番茶、秋芽と釜炒り茶を作って全部合わせて販売する予定です。どれくらいできるか分からないので予約も取りません。ごめんなさい。販売する時は、HPでお知らせしま〜す。

写真は、釜ととうさん。おちゃっぱとお話している様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/15

蛙はど〜こだ?  百姓日記


♪ルンルン♪ 今日は、一番茶最終日♪

 ウキウキ気分で軽トラの荷台に摘採機や袋なんかをお支度していると頭上の花桃の枝から変な鳴き声が聞こえました。
 「なんだろ〜?????」

 荷台に上がってよーく見ると葉っぱの上に緑色のがノド元を膨らませてちょこんと乗っていました。かわいい〜。

足久保では、ネズミを発見。
摘採機やならし機を使っていると茶刈り面をトカゲが走ります。
なぜか我々が行く方向に一生懸命逃げるのです。でも大丈夫。
ちゃんと途中でお茶の木の中にもぐりこみます。
「やけにでデブチョのトカゲだな・・・。皮膚の質感も違うし・・」
と思ったら長くて細いしっぽがついていました。
雑学博士のとうさんに聞いたら赤ネズミだそうです。

 茶畑にいると楽しい発見がたくさんあります。


 

 
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ