ホームページが新しくなりました!http://www.moriuchitea.com

2005/6/24

テレビ出演  百姓日記


 今日、テレビ屋さんがうちの工場に来ました。

 アナウンサーさん、カメラマンさん、助手さんの若い男性3人組みで登場です。

 夕べのアポから今日の段取り撮影の構成まで全部テレビに出ているアナウンサーがしていたのでビックリ。
 アナウンサーっててっきり渡された原稿を読むのがお仕事だと思っていました。
 。スンゴク背が高くて顔が小さくてもちろん声がステキでかっこよかったです。

 原油価格の高騰が、静岡の産業にどのように影響しているのか?ってテーマです。午後に撮影にきて6時からのニュースに放映するなんてすごいスピード。
 お茶の話でなくて燃料が値上がって困ったお話なんて平成のドン百姓の我が家にピッタリで後から笑ってしまいました。

記念撮影に快く応じてくれた小田川さん、ありがとうございました。

ホラ見てみて、とうさんとおんなじくらいかっこいいでしょ〜(*^^)v♪

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/20

カエルのタマゴ  百姓日記


 かあさんは、小さいころ「♪夏〜は、きぬ♪」という歌は、
「夏が来ない」と打ち消しの意味だと思い込んでいました。
 大きくなって「完了」という概念を学校で習った時
「あ〜、夏が来たんだ」と目からうろこ状態でした。
誰にも一度や二度こんな経験があると思います。

 さて我子の場合は・・・・
我が家から田んぼまでは、車で3分ほどかかります。
 小さいころのお散歩コースは、家の近所ばかりで田んぼは行ったことがありませんでした。
 家の隣のお寺は、由緒正しい古いお寺で立派な参道や庭があります。
脇を流れる小川は、裏山からきれいな水が流れていてさわがにがたくさんいました。今頃になると白い泡の塊があちらこちらに見えました。

 「ねえ おかーさん。あれな〜に?」
 「あれは、かえるのたまごだよ。」

ちょっと大きくなって小学校から帰った我子が、
 「大変、大変。学校でかえるの勉強したけどへびみたいなたまごだったよ!白い泡だよね。田んぼにあるって教科書に書いてあるんだよ。お山の葉っぱだよね。おかしいね〜」

 我子にとっての蛙のたまごは、白い泡の塊のモリアオガエルのたまごだったのです。
 もうちょっと大きくなって天然記念物だとテレビで見て「あんなのそこいらへんにいっぱいあるのにね」

 これは、お茶畑の隅にある雨水をためてあるところ。
先日からモリアオガエルがくっついていたのですが、たまごを生みたかったのですね。
 手で触ってみるとぷにょ〜んてしていてマシュマロみたい。
もっとやわらかいかと思ったら弾力があって軽く跳ね返される感じでした。
 
 
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/17

お茶刈り機  百姓日記


二日連続の雨・雨 ♪ ルンルン ♪
今日は天気予報では、晴れ・・・だったのですが、シブシブしています。

 午前中にとうさんが、露払いをしにいってきたのですが、
まだ自宅待機です。(笑)
 ご近所の畑でもまだブンブン(お茶刈り機のエンジン音)していません。みんな空を眺めながら自宅待機。(笑)

 先日何気なく撮った写真です。
さてさて下の機械ですが、どこがどう違うか分かりますか?

クリックすると元のサイズで表示します


 水色の方が摘採機(お茶刈り機)でもう片方が剪枝機です。
刃の向きと形状が違うのがわかるでしょうか?

 先日まで朝一番に前日お茶刈りしたところを深狩りしてそのあとその日にお茶を作る分をお茶刈りしていたので丁度機械がそろっていたのです。

 おっと とうさんが出動です。
といってもお茶刈りではなく、そうふう挿し木です。

では、行ってきま〜す。(^o^)/~~  

0

2005/6/12

挿し木  百姓日記


2番茶が始まっているというのに挿し木をしました。

 昨日雨が降ったので茶の木がつゆで濡れていました。

 今は、1番茶で手摘みをしたところなのでもともと一日の摘んだ面積が少ないのと、深刈りをした茶園があるのと、自然仕立て園がありそこは2番茶は摘まないので結構余裕のある時期です。

 初めての試みでコンテナを使ってみました。
昨日土を入れて植えるばっかりにしておいて
「露っぽいから午前中摘採はやめて挿し木をするか・・・」

品種は、牧の原早生
ちょっと硬化しかかった茎のところを葉っぱを2枚分の長さに切ります。
下の葉から、3〜5センチくらい茎を残します。
それを土の入ったコンテナにさしていきます。

乾かないようにすぐに寒冷紗をかけます。
さてさて上手につくでしょうか?


ちびっ子見てる?
かっちょいいとうさんですよ。


午後からちゃーんとお茶刈りしました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/8

お引越し?  百姓日記

 お引越しと言えば普通は住人と中身の引越しのことですが、今日は、ご近所で家の引越しがありました。

 昔の家は、自分の山の木を切って寝かして作ってあります。
今では、国産の材木のみを使った家は、なかなか建てられません。
それも年代物の家は贅沢に使った木も枯れていて良い感じ。
 きっと壊して新しい家を建てたほうが早くて安いのかもしれませんが、やはり古い家は、それだけの価値があります。

 家のお引越しは、ずるずる引きずるのがよくある方法なのだそうですが、今日の家は土台を高くあげるせいか2台の大きなクレーン車でつっての移動でした。 近所の人やお仕事でない大工さんまで見学に来ていました。

 屋根の瓦と土、家の中のふすまや障子、窓などは取り払ってあります。
屋根の格子に2つの大きな枠をつけてそれぞれからチェーンをたらし家のあちらこちらにかけてありました。
 屋根の上には、人が乗ったままソロソロと移動しました。
鳶の人たちの声とクレーン車のエンジンの音が青空に響きました。たくさんの職人さん達の協力の下無事終了。

 それにしてもすごーい引越しでした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/1

あ〜ん、もったいない。  


 今日は、除草剤、農薬不使用、有機肥料のみ使用の茶園のナラシに行って来ました。
 足久保の諸川池の近くにあるので10分ちょっとのドライブです。

あれ〜!!!!!
すごくたくさんのオクレが出ていました。それも無病で。
摘採して釜炒り茶紅茶にしたくなるのをグッとガマンしてナラシをしました。

 こういうナラシは、なかなかきれいになりません。
深く刃をかけるときれいになりますが、一番茶の摘採面より下げてはいけないのです。できるだけゆっくりゆっくり歩きました。

写真のなかでちょっと切り口が茶色くなっている茎が一番茶で摘採した後です。あれオクレのほうが多いよ〜ん。もったいな〜い。


 クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ