ホームページが新しくなりました!http://www.moriuchitea.com

2005/11/25

女工哀史  百姓日記

 ただいまお茶農家は、一応農閑期です。

今日は農閑期限定のアグリロード美和のカップケーキ作りに行ってきました。
 かあさんはアグリロード美和お菓子の家の幽霊会員です。
 11月になるとそ〜と目立たないように出役します。他の皆は、一週間に3〜4日も出る時もあるようですが、かあさんは一年かけて一桁の労働者です。お菓子に家の皆さんはやさしくていい人ばかりなのでこんなかあさんも笑顔で(こわっ)迎えてくれます。
 定番は、かぼちゃのカップケーキ。立ち上げ当時からの目玉商品です。ほかに生消菜言弁当につける煎茶ババロアとか行政の力を借りてふじっぴーサブレ、来年のねんりんピックのマスコットのちゃっぴーサブレなどの製作もしています。といってもかあさんは一度も出た事がありませんが・・・・(^^ゞ
 今日は、直販所用と明日の産業フェアー用のかぼちゃのカップケーキとおまけにチーズケーキを焼きました。
 ずーっと前からうちの子がチーズケーキを食べたいと言っていたのを無視し続けていたので家に帰ってひさしぶりにチーズケーキを焼きました。
 なんだかとっても甘〜い一日でした

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/11/20

学生ボランティア  百姓日記

 今日は「お茶」のはしごをしました。

 午前中は、全国ダウン症フォーラムです。会場は県立大学短期学部。 社会福祉学科の学生さんと県内のダウン症の方々がボランティアについてくれて他県からのダウン症のお客様のグループにおいしい静岡のお茶でおもてなしをしました。「本山煎茶」と「抹茶入り玄米茶」の2種類です。ダウン症の方という事でちょっと不安もありましたが、とっても楽しくお話ができました。(*^o^*)

 午後は、「流木クリーンまつり」の「安倍川大茶会」。
安倍川親水公園で流木アートやワールドミュージック&バザールという盛りたくさんのイベントでした。ここでは東海大学、常葉大学などのボランティアの学生さんと呈茶のお手伝い。急須でお茶を淹れた事のない学生さんたちも最後には立派な「水屋さん」になりました。

 午前も午後も学生ボランティアさんは楽しそうにそしてきっちりと任務をこなしてくれていました。何だかとってもたのもしくてどこかかわいくて・・・・同じくらいの年頃の我子もちゃんとやっているかしら???
 カメラを忘れたので写真がないのが残念です。

0

2005/11/14

素晴らしいお茶会  百姓日記

 先日我村の中学で2年生主催の「感謝の茶会」がありました。11月にしては、穏やかな暖かい日でした。
 班長さんがお客様を待合の会議室までお迎えにきてくれます。
「××さんですか?一斑の班長の○○です。本日はお忙しいところ・・・・」と恥ずかしそうに練習した通りにご挨拶をして集合場所まで案内してくれます。そこでお茶会実行委員による「開会式」が行われその後お茶会会場「誠心の池」のほとりのブルーシート地帯に誘導されます。各班ごとに二畳のござが敷かれそこがお席になります。
 班長「今からお茶会を始めます」
 亭主「一斑△△です。本日は亭主を勤めさせていただきます」
先日の亭主指導のかいあってか落ち着いて上手においしいお茶が淹れられました。(=^_^=)
 お茶をいただいてから一人一人「体験学習で学んだ事や感想」を述べて最後にお客様の言葉。
 足の痺れをガマンしながら最後のお片付け。
再び開会式の会場に移動して「閉会式」。

 ここまで先生は、口も手もださずに実行委員を中心にとりおこなわれます。すごいと思います。
 体験学習の発表も皆それぞれ素晴らしいものでした。

 自分の子供が中学を卒業しても地域のおばさんとしてかかわることのできる幸せと我子たちもたくさんの地域の皆さんに助けられて大きくなったことに感謝したひと時でした。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして改めて写真を見るととてもステキなところです。
野球部とサッカー部とソフト部と陸上部が一緒に練習しできるほど広いグラウンドとそのほかにバレーボールコートとテニスコートとプールと茶園とピオトーブと日本庭園(誠心の池のあるところ)体育館と格技場そして周りの3面は安倍川と足久保川の土手に囲まれています。
 街中の中学からは想像もできないほどの素晴らしい中学校です。
 
0

2005/11/6

内牧美人inお茶会  百姓日記

 11月3日は恒例の内牧大茶会です。今年で17回目を迎える町内会主催の茶会です。生産家の多い地域での団体主催のお茶会でこんなに永く続いているお茶会は、珍しいです。

 会場は、我が家のお隣のお寺です。
駐車場には、たくさんのテントが並び町内の有志によるおでんややきそば大福、やさい、手芸品、山芋など大青空市がにぎやかです。
 手揉み保存会のテントもあります。ホイロ2台を並べその横では手揉み品評会入賞茶の飲めるお茶席を作ります。とうさんは今年は昼食もとれないくらい忙しいお茶席の水屋係りだったようです。

 本堂では、煎茶席抹茶席。今年煎茶席は、本席呈茶席秘密の小部屋のお席の3本立てでした。
 かあさんは、秘密の小部屋の担当。呈茶席の奥のふすまを閉めたお部屋です。今まではやぶきた1種だったのですが、今年は品種のお茶をやってみようという事で秘密の小部屋さえみどりをご用意しました。
かあさんは初めての席主本山茶(ほんやまちゃ)の特徴が一つの煎がきくことなのでこれまたはじめての2煎目のお茶もお出しすることに。変則的なお手前ですが、お客様には大変喜んでいただきました。「お茶には品種がありますよ。品種によって味や香りにちがいがありますよ。低温で淹れた時と高温で淹れた時は味が違うんですよ」なんて盛りたくさんのお話と煎茶の作法や掛け軸の話も入れながら9席こなしました。仲間には「テープレコーダーみたいでお点前していて笑いそうだった」と言われるほど後半は思ったよりズムーズに喋っていました。(笑)
 
 写真は本席の様子です。すまし顔の着物姿の内牧美人が写っています。

クリックすると元のサイズで表示します

このあと4日5日と「駿府本山お茶まつり」に出役してまいりました。
明日7日は全国農業者フォーラムでのおもてなしのお茶の係りです。
農作業が一段落するとイベント屋さんに変身です(*^o^*)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ