ホームページが新しくなりました!http://www.moriuchitea.com

2004/9/22

秋摘み&手揉み  百姓日記

 今日は、「やぶきた」と言う品種の新芽を摘みました。先日までは全て「釜炒り茶」にしたのですが、今日は「手揉み」。それも途中まで。

 とうさん10月に福島の「菊人形まつり」の会場で「手揉み」をする事になっちゃったんです。その原料を作りました。

 「手揉み茶」を作るには最初から乾燥まで入れると4時間〜6時間かかるのでイベント会場や「手揉み体験」の時は「中火」といって「途中」まで揉んでおいて冷凍保存をしておきそれを解凍して使います。それだと3時間くらいで仕上がります。

 写真は、「まんぱち」といって新芽を「蒸す」道具です。一回に230グラムずつしか蒸せないので何回も繰り返しました。

その後「ホイロ」を使ってもみました。今日も残暑が厳しくて・・・・・
ガスの火のそばは熱かったです。(ほいろの熱源は、ガスバーナーなので・・・) 

 途中からおひげの日本茶インストラクターさんが遊びに来てくれました。今日は「見てるだけ〜」だったので今度はぜひ腕前を披露してください (^_-)-☆

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ