ホームページが新しくなりました!http://www.moriuchitea.com

2005/3/31

茶の木の赤ちゃん  百姓日記

 
 どうやら今年は、このまま順調に行けば4月18日頃から本格的に新茶が摘めるらしいです。

 我が家で一番早いのは、すももざわの上のほうにある牧の原早生
次に14年皇室献上茶指定園のさえみどり。それから香駿やぶきたの順で摘み採りがはじまります。

 最近の作業は、茶の木の間をうなう事。
うなうというのは、土と肥料をまぜまぜしながら空気もいれることです。
平らの畑では、肥料をふり入れながら一緒にまぜまぜするエンジン付きの便利な機械があるのですが、我が家のように山では、重たくて大変で使えません。ですからおんぶ君に20キロの肥料を入れておっちらこっちらしょって振りいれてその後でまぜまぜうなうわけです。
 とうさんは、エンジンつきの機械でうなうのですが、かあさんは昔ながらの鍬でうなっていきます
 肥料を1日中50袋以上しょっても「アーくたびれた」って気持ちいい疲労感なのですが、腰をかがめて鍬を使うのは、どうやら身体に合わないらしいです。
足が長いのかな〜・・・・???
 今度とうさんが特別仕様の柄の長い鍬を作っくれると約束してくれました。


 写真は、先日植えたすももざわのつゆひかりの赤ちゃん。
藁のお布団に包まれてすくすく育っています。

 
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ