2010/9/28

中山悌一先生の思い出  文化・芸術

9月29日は中山悌一先生の一周忌です。
素晴しい声のバリトン、そしてわが国オペラ界を支えた素晴しい総監督でした。
急に秋めいて雨の日が続く中、いろいろなことを思い出しました。
このところ、90歳のマエストロ、ヘルムート・ヴィンシャーマン氏の
「マタイ受難曲」の稽古、オペラ研修所の試演会、そして10月2日の
追悼コンサートを控え、なんだか慌しくしておりました。
30日のトリフォニーも10月2日の津田ホールも、、もうすっかりチケッ
トも売切れとか…
今年の夏は記録的な暑さでしたが、いつお会いしても本当に溌剌と
若々しい近藤政伸さんが、突然体調を崩したとのこと。
心配ですが、一日もはやい回復を願っています。
http://www.nikikai21.net/concert/golden30_sp.html

中山悌一先生の思い出
渡欧の前、私が演奏の方向について迷っているとき「タタラ、人間はな、やらねばならないと思う事をやるのではなく、自分が本当にやりたいと思う事をやるのが幸せなんだよ。」とおっしゃって下さって、それが心の中にすとんと落ちてゆき、迷いが消えたのでした。先生のこの言葉がなければ、きっと今の私はなかったでしょう。
また、帰国した後のことですが「冬の旅」や「詩人の恋」の指導をして頂いていた頃、小澤征爾さん指揮『さまよえるオランダ人』に出演する際に「期限は満ちた」のオランダ人のアリアを持って伺った時のことです。このアリアは演奏時間が12分以上もかかる長大な難曲で、歌うのも大変ですが伴奏するのも専門のピアニストでさえ骨の折れる曲なのです。「これを弾くのは何年ぶりかなあ。少し待っていろよ」と先生はおっしゃって、楽譜をじっと目で追っていらっしゃいました。そうしてレッスン室に静寂の中にもページをめくる音だけが聞こえる時間が3分を過ぎようとした頃、私は伴奏者を同伴しなかった事を悔やんでいました。「よーし、では始めよう」とおっしゃって先生がピアノを弾き始められた時オーケストラを彷彿とさせる、えもいわれぬ素晴らしい音色と音楽がそこにありました。アリアの最期まで一度のミスもない完璧なピアノ演奏でした。私は歌いながらその伴奏の音楽の素晴らしさに身体が震えるのを止めることが出来ませんでした。先生は歌手として超一流なだけではなく、ピアノの名手として、いや、音楽家として超一流な方でありました。

クリックすると元のサイズで表示します

この写真は二期会40周年記念『フィガロの結婚』1990年秋の稽古場での風景。すごく貴重な写真です。
中山先生がPianoに肘をついてにこやかに見守っていらっしゃり、
私も近藤伸政さんも痩せていて若い!近藤さんの右隣はケルビーノの青山智英子さんですね。
そして騎士のように胸に手を当てながら、演出について話してくださっているのが栗山昌良先生です。
クリックすると元のサイズで表示します
23
タグ: 想い出



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ