2007/6/18

梅雨の晴れ間に想うこと  日記

梅雨入りしたはずが、晴天が続いています。
なかなか泳ぎにいく時間がありませんが、晴れた日に坂道を自転車で駆け抜けると、いろいろな景色が見えてきます。
東京の坂にどんな名前がついているのかを知るのも楽しいものです。先日は足を延ばして十数年ぶりに神田明神を訪れました。
社殿の修復・塗替えで見違えるようになった緑濃い境内の東の崖から、眼下に見下ろせるのは銭形平次が住んでいたことになっている神田明神下。
その景観も整備されだいぶ変わたように感じます。街から路地裏が減った分、人は寄り道をすることも少なくなったのかもしれません。
そんなことを思いながら、シューマンのリーダー・クライス(歌曲集)を口ずさんでいました。
ロベルト・シューマンはドイツロマン派の作曲家で、昨年が没後150年。その歌曲の中でことさら私が親愛の情を感じるのが、アイヒェンドルフの詩によるリーダー・クライス(作品39)です。
この曲には、人間の心の奥深い襞に踏み入るようなドイツの奥深い森や自然が描かれていて、特に第3曲の「森の対話」では、若者が森の中で美女に出逢い、対話をするのですが、彼女はライン川を通る船を美しい歌声で見魅了して沈める魔女ローレライだったというもので、若者がもはや夜更けの森から抜け出ることはできない様が耽美に表現されています。
ドイツの民謡には森や妖精が沢山登場し、音楽にも多くの影響を与えてきました。
ヴェーバーの『魔弾の射手』では森の隠者が悪魔から恋人たちを助けるし、ライン地方出身のフンパーディンクは、グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』に豊饒な音楽を与え、森の中で迷子になった兄弟に眠りの精や露の精が訪れる場面の曲はすこぶる美しいものです。
私自身、ドイツオペラに親しみドイツに長く住んだことや、声種がテノールよりも陰翳のあるバリトンであることも影響してか、イメージとしての森にどこか郷愁を覚えるのかもしれません。
森は宇宙、そして小宇宙である人間を想起させ、音楽は、歴史や文化や社会や民族の記憶とともに目にみえない世界、そして人間の心の深層と繋がっているのでしょう。シューマンの説明的ではないが静謐な情感に溢れる音楽の杜は、私たちが近代社会の利便性と引き換えに置き忘れてきたものが何だったかを思い出させてくれるような気がするのです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/6/5

演奏会予定  演奏会情報

今月の都内での演奏予定です。

二期会研究会 駅伝コンサート
二期会の12の研究会が駅伝形式でそれぞれの演奏を繋ぎます

2007年6月16日(土)15時〜
東京文化会館 小ホール(JR上野駅・公園口前)
料金4 ,000円(税込・全席自由・出入り自由)

16:55〜 「バッハ・バロック研究会」〜J.S.バッハ〜
濱田千枝子(ソプラノ)・水野しのぶ(ソプラノ)・野崎由美(ソプラノ)・
井口雅子(アルト)・三谷亜矢(アルト)・多田羅迪夫(バリトン)・
・カンタータ第21番「わがうちに憂いは満ちぬ」より
第3曲アリア“ため息、涙、憂い、苦しみ”
・カンタータ第32番「いと尊きイエス、わがあこがれよ」より
第5曲二重唱“いまや全ての災いは消え失せ”
・「マタイ受難曲」より 
第39曲アリア“憐れみたまえ、わが神よ” ほか
*二期会チケットセンター 03-3796-1831
東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452



KAY合唱団 第115回定期演奏会
J.S.バッハ/ヨハネ受難曲

http://homepage3.nifty.com/kay-choir/
Johannespassion BWV245
2007年6月23日(土)開演:17時30分
独唱 イエス:多田羅迪夫
演奏/KAY室内合奏団、KAY合唱団
SS-\6,000 S-\5,000 A-\4,000 B-\3,000 C-\2,500
*KAY合唱団 tel.03(3775)1908

8月のサマーコンサートも曲目が決まりました
二期会サマーコンサート
《北とぴあですごす名残の夏》
 オペラアリアの名曲の数々などをご堪能ください

2007年8月25日(土)15時開演 北とぴあ さくらホール
(JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分・東京メトロ南北線王子駅5番出口)

出演者と演奏予定曲
■ソプラノ
新垣有希子 ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』より"香炉がくゆり"
            プッチーニ『ジャンニ・スキッキ』より"私のお父様"

腰越 満美  プッチーニ『蝶々夫人』より"ある晴れた日に"
         ガーシュウィン あの人は行ってしまった

里中トヨコ  プッチーニ『ラ・ボエーム』より"私が街を歩けば"私の名はミミ
        バーンスタイン『ウエストサイドストーリー』より"アイフィールプリティー"

名古屋木実  ドニゼッティ『シャモニーのリンダ』より"私の心の光“
         J・シュトラウス『こうもり』より"侯爵さまあなたのようなお方は"

■メゾ・ソプラノ
加納 悦子  リヒャルト・シュトラウス 『ばらの騎士』より"だれも知らない" 
          メンデルスゾーン 歌の翼に

谷口 睦美  サン=サーンス『サムソンとデリラ』より"あなたの声に心は開く
         モーツァルト『皇帝ティトの慈悲』より"行きますとも愛しい人よ"

■テノール
大間知 覚  プッチーニ『ラ・ボエーム』より"冷たき手を"
          ドニゼッティ『ファヴォリータ』より"やさしい魂よ"

行天 祥晃  プッチーニ『トゥーランドット』より "誰も寝てはならぬ"   
         プッチーニ 暁の光はさして

■バリトン
久保 和範  モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』より"カタログの歌"
         ラ・マンチャの男〜見果てぬ夢

多田羅迪夫  ジョルダーノ『アンドレア・シェニエ』より"祖国の敵か"
          モーツァルト『フィガロの結婚』より"訴訟に勝っただと?


主催 財団法人東京二期会
共催 財団法人北区文化振興財団・北区

二期会チケットセンター03-3796-1831 (平日10:00-18:00 /土曜 10:00-15:00)
東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452
北とぴあ1階 チケット売場(窓口のみ/10:00〜19:00)
チケットぴあ 0570-02-9990 Pコード専用ダイヤル0570-02-9999 (Pコード :260-471)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2007/6/4

9月18日(火) 藝大リサイタルシリーズT−3  リサイタル

6月になりました。皆様お元気でお過ごしですか。
梅雨に入るまでの暫くの間、自転車で走るのが気持ちよい季節です。
今月はいくつかのコンサートや宝塚ベガ音楽コンクールの審査などがありますが、なるべく外に出て緑濃き木漏れ日を楽しみたいと思います。
先ほどまでシューベルトの『美しき水車小屋の娘』を聴いていました。フリッツ・ヴンダーリヒの録音です。リートにはその人の音楽性だけでなく、人間性も表れてくるような気がしますね。『水車小屋の娘』のような青春の歌には、やはりみずみずしいリリックなテノールの声が似合います。30代半ばの若さで事故で亡くなったヴンダーリヒは、私の大好きな歌手の一人です。
私自身も秋にはドイツ歌曲のリサイタルを予定しています。


http://www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/info/index.html#3
多田羅 迪夫バリトン リサイタル Lieder Abend 歌曲の夕べ
演奏曲目(予定)
◆BEETHOVEN, Ludwig van  ベートーヴェン,L. van :
◇ADELAIDE. Op.46    (Matthisson,F.)
 アデライーデ. 作品46  (マッティッソン.F.)
◇AN DIE FERNE GELIEBTE, Op.98 (Jeitteles,A.)
歌曲集「遙かなる恋人に寄す」作品98  (ヤイッテレス,A.)
T.Auf dem Hügel sitz ich spähend,
U.Wo die Berge so blau aus dem nebligen Grau schauen herein,
V.Leichte Siegler in den Höhen,
W.Diese Wolken in den Höhen,
X.Es kehret der Maien, es blühet die Au.
Y.Nimm sie hin denn, diese Lieder,die ich dir, Geliebte, sang,

◆SCHUMANN,Robert シューマン,R.:
◇LIEDERKREIS, Op.39 (Eichendorff,.)
リーダー・クライス 作品39 (アイヒェンドルフ)
1.In der Fremde.
2.Intermezzo.
3.Waldesgespräch.
4.Die stille.
5.Mondnacht.
6.Schöne Fremde.
7.Auf einer Burg.
8.In der Fremde.
9.Wehmut.
10.Zwielicht.
11.Im Walde.
12.Frühlingsnacht.

◆BRAHMS, Johannes ブラームス,J.:
◇Ausgewählte Lieder
歌曲選
   An eine Äolsharfe. Op.19 No.5 (Mörike)
Ständchen. Op.106 No.1 (Kugler)
Wir wandelten. Op.96 No.2 (Daumer)
Vergebliches Ständchen. Op.84 No.4 (Niederrheinisches Volkslied)
Botschaft. Op.47 No.1 (Nach Hafis von Daumer)
Unbewegte laue Luft. Op.57 No.8 (Daumer)
 
◇VIER ERNSTE GESÄNGE, Op.121
「四つの厳粛な歌」作品121
T.Denn es gehet dem Menschen wie dem Vieh, (Prediger Salomo, Kap.3.
U.Ich wandte mich und sahe an alle, (Prediger Salomo, Kap.4.)
V.O Tod, wie bitter bist du, (Jesus Sirach, Kap.41.)
W.Wenn ich mit Menschen= und mit Engels=zungen redete,
(Sankt Pauli an die Corinther ., Kap.13.)
 


9月18日(火)東京芸術大学奏楽堂  19時開演
料金 2000円
公演に関するお問い合わせ
東京芸術大学 演奏芸術センター
TEL 050-5525-2300
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ