2007/8/22

今日も残暑でした お元気ですか  日記

蝉時雨が夏の名残を伝えています。彼らのひと夏だけの生命に比べ、人間というものはなんと贅沢なことでしょうか。
夏休みはいいですね。私は、このところ週に4度ほど伸び伸びと水泳を楽しみ、当初は膨大な量に思えた、リサイタルで歌う歌詞の訳詞ももう少しで完成です。
やはり演奏の訳詞は、既存訳の流用では自分の琴線にしっくりこないので、ドイツ語のニュアンスにも細心の注意を払いながら、納得のゆくものを残しておきたいと進めてきました。そうすることで詞(ことば)が記号ではなく言霊となって身体に入り込んでくるような気がするのです。
時間のかかる作業ですが、今後リートを歌う次世代の方々とっても活用でき参考になるような、そして音楽に寄り添い、一体になる訳が生まれればと意識し願いながら、じっくりと取り組んでいます。

〈先生のリサイタルのことが「ぶらあぼ」のぴっくあっぷ欄に紹介されていましたよ!〉と、一昨日、教え子が雑誌を持ってきて知らせてにきてくれました。
私が1996年の『ワルキューレ』のヴォータンを歌ったころから、演奏を聴き続けてくださっている音楽ジャーナリストの堀江昭朗さんが、思いもがけず、過分に素晴らしい表現で私のことを紹介してくださって、本当に有難いことですね。
『マイスタージンガー』の頃には、不便だったオペラの稽古場にまで、足を運んで頂いたことを懐かしく思い出しました。
また、先日はやはり思いがけず、評論家で放送プロデューサーとしてご活躍の東条碩夫氏が、連載されているArtGaiaで、私のデビューの頃からの演奏での印象などを、(こんなことまで観察されていたとは・・)と驚くようなエピソードとともに、その慧眼で紹介してくださって、文章のマイスターにかかると、まるで過ぎた時間が生き生きと再現されるようだと感心したものです。
本人が気付かぬ間に、いろいろな方々が私の演奏を気にかけ、聴き続けてくださっていたことを再発見するとともに、そうしたエールに応えるプロフェッショナルな演奏が出来るよう、充分に準備して臨むつもりです。

いつも演奏を聴いてくださる皆さん、応援してくださる方々、演奏の場を切り拓いてきた先人や仲間たち、そして私たちの活動を紹介しサポートしてくださるたくさんの方々に支えられて、今日まで演奏を続けてこれたことにあたらめて感謝しています。
0

2007/8/14

ドイツ歌曲  リサイタル

多田羅 迪夫訳より 抜粋 

BEETHOVEN, Ludwig van ベートーヴェン, ルートヴィヒ・ヴァン
AN DIE FERNE GELIEBTE Op.98 歌曲集《遙かなる恋人に寄す》 作品98
Ein Liederkreis von Alois Jeitteles  −アロイス・ヤイテレスの詩による歌曲集
Text: Jeitteles, Alois 詞:ヤイテレス, アロイス 〜

Nimm sie hin denn, diese Lieder この歌をさあ、受け取って下さい
Nimm sie hin denn, diese Lieder, この歌をさあ、受け取って下さい、
Die ich dir, Geliebte, sang, 僕の恋人よ、あなたに捧げて歌った歌を。
Singe sie dann abends wieder そしてその歌を歌って下さい、もういちど夕暮れ時に
Zu der Laute süßem Klang. 甘いリュートの響きに合わせて。


SCHUMANN, Robert シューマン, ローベルト
LIEDERKREIS Op.39 リーダークライス 作品39
Text: Eichendorff, Joseph von 詞:アイヒェンドルフ, ヨゼフ・フォン 〜

Schöne Fremde       美しい異郷
Es rauschen die Wipfel und schauern, 梢がざわめき、そしてうち震えている。
Als machten zu dieser Stund’ あたかも、この時間に
Um die halbversunkenen Mauern なかば崩れ落ちた城壁のまわりを
Die alten Götter die Rund’. 古の神々が巡回しているかのように。

Hier hinter den Myrtenbäumen ここ、ミルテの木々のうしろの
In heimlich dämmernder Pracht, ひそやかな黄昏の華やかさのなかで
Was sprichst du wirr wie in Träumen 夢の中のようにとりとめもなく、何を私に語りかけようというのか?
Zu mir, phantastische Nacht? 幻想的な夜よ!

BRAHMS, Johannes ブラームス, J.
VIER ERNSTE GESÄNGE Op.121 歌曲集《四つの厳粛な歌》作品121
nach Texten der Bibel von Martin Luther 聖書(マルティン・ルターによる独語訳)より

Wenn ich mit Menschen- und mit Engelszungen redete,
たとえ私が人間の言葉や天使の言葉で語っても
Und hätte der Liebe nicht, もし私に愛が無ければ、
So wär ich ein tönend Erz それは私が鳴り響く青銅の鐘や
Oder eine klingende Schelle. 良く響く鈴であるようなもの。
Und wenn ich weissagen könnte und wüßte alle Geheimnisse
そして私が予言することが出来、あらゆる秘儀や
Und alle Erkenntnis, 知識に通じていても、
Und hätte allen Glauben, also, そして私が
Daß ich Berge versetzte 山を移すほどの強い信仰をもっていても
Und hätte der Liebe nicht, もし私に愛がなければ、
So wäre ich nichts. 私は無に等しいであろう。
Und wenn ich alle meine Habe den Armen gäbe たとえ私が自分の全財産を貧者に施し
Und ließe meinen Leib brennen そのうえ、私の身体を焼かれるに任せたとしても
Und hätte der Liebe nicht, 私に愛がなければ、
So wäre mir's nichts nütze. それは、私には何の役にも立たないであろう。


ブログを通じて、いろいろ方が私の活動を気にかけてくださり、
ご意見を頂けるのは、なんだか不思議な心持ちもしますが、コメント有難うございます。
確かに私はこれまでドイツから帰国したての30歳台後半より、NHK・FMなどで放送を通じていくつかのドイツ歌曲やフランス歌曲の演奏をしてきましたが、東京でこのように自身の選曲による好きなドイツ歌曲だけのリサイタルを開くのは、初めてのことです。当時、歌曲のリサイタルをしようと会場を予約しようとした矢先にオペラ出演の依頼のためにそれを断念するという事がしばしばあり、結果的には、オペラの出演に重点をおいた演奏活動になっていました。
けれど私は、外国留学以前から素晴らしい作曲家達によるドイツ歌曲作品に傾倒していました。それらは私に感動や発見、音楽をする喜びを与えてくれていました。今、自分の愛するドイツ歌曲を自選し、2007年という現代社会に失われがちな「ロマン的な、愛と死」を、還暦を迎えた私が私自身にある「ロマン的」精神に焦点を当てて、歌いたいと思っています。

1

2007/8/6

東京藝術大学120周年企画〈藝大リサイタルシリーズT〉  リサイタル

東京藝術大学120周年企画〈藝大リサイタルシリーズT〉
多田羅 迪夫バリトン リサイタル 
夏の陽射しが眩しいですね。私は9月のリサイタルに向けて、日々新な発見や喜びを持って音楽と向かい合っています。殊にブラームスの〈四つの厳粛な歌〉は、若い頃に演奏した時とはまた違った感慨や意味を感じさせてくれます。
ご多用の時期とは存じますが、ぜひ多くの皆様にご来場いただければ幸いです

http://www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/info/2007-0724-1132-14.html

■日時:2007年 9月18日(火) 19時開演 [18時半開場]

■会場: 東京藝術大学奏楽堂 [大学構内]
 *旧奏楽堂ではありませんのでご注意ください

        
■席種・料金: 全自由席・2000円

〈曲目〉
ベートーヴェン  アデライーデ 作品46
        歌曲集<遙かなる恋人に寄す>作品98

シューマン   リーダークライス 作品39 全曲

ブラームス 歌曲選
      エーオルスのハープに寄せて 作品19 No.5
      セレナーデ 作品106 No.1
      ふたりはさまよい歩いた 作品96 No.2
      甲斐なきセレナーデ 作品84 No.4
      言伝て 作品47 No.1
      風もそよがね、和やかな大気 作品57 No.8

      歌曲集<四つの厳粛な歌>作品121 全曲

            
チケット販売 ヴォートル・チケットセンター 03-5355-1280
東京芸術大学藝大アートプラザ 050-5525-2102
東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452
お問い合わせ 東京芸術大学演奏芸術センター 050-5525-2300
 〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

チケットぴあ=販売終了(9月14日現在)
http://t.pia.co.jp/music.html
<font>■Pコード:262-584 <font>

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/8/2

那須高原にて  旅行

昨日から門下生たちとの毎年恒例の夏合宿です。高原から涼しい風をお届けします。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ