2007/10/30

全日本合唱コンクール全国大会  日記

第60回全日本合唱コンクール全国大会の審査で盛岡市に行ってきました。
今年は27日(土)に高等学校部門17団体、28日(日)は中学校部門 混声合唱の部・同声合唱の部20団体で、会場は岩手県民会館大ホール(1,991席)でした。
即日審査、表彰なので休憩中も集計作業などを並行して行いつつ、僅差と思われる場合などとても採点には悩まされます。日本全国jから集まった代表たちは、皆、待ち時間の間もマスクをしたり、最後のウォーミングアップでそれぞれの力を存分に発揮しようと緊張感やエネルギーが会場には満ち溢れていました。
会館の前を流れていた清冽な流れの中津川は鮭が上ってくる川で、その流れは北上川へと合流し、大海原へと続いてゆく…。

かつて私が香川県立坂出高校の一年生だった時には全国大会は東京文化会館で行われました。合唱部顧問の竹内肇氏は前年から赴任してその後、坂出高校の芸術専門コースや音楽家設置の礎を築いたともいえる熱血先生で、私も合唱の楽しさにどんどん夢中になっていったのを覚えています。今でも東京文化会館に行くと、自分の声楽家としての原点ともなったあのステージの記憶がふと脳裏をかすめることがあります。懐かしいという気持ちは単なる回想というよりも、その時、一生懸命だった自分を眩しく思う気持ちなのかもしれません。今という瞬間は常に過去になってゆく。だから後で振り返ったときに、常にその時期の自分を懐かしく思い出せるようなそんな日々を送りたいと思います。盛岡で歌った若い彼ららが今後どんな進路に進もうとも、「音楽」というものが、青春を彩る記憶の断片としてだけではなく、これからの人生を勇気付ける連続した力となっていってくれたら。そしてその努力や情熱や感動を核にして、しっかりとした足取りでそれぞれの未来を過ごしていってほしいと願った二日間でした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/24

モーツァルト「レクイエム」  演奏会情報

朝夕冷え込むようになってきました。お健やかにお過ごしでしょうか。
コメントやお便りを頂きながら、行事なども多い季節で時間がとれず、またしてもなかなかブログを更新できずにいます。
せめて月一度は更新したいと思っているのですが。
演奏会のお問合せなども有難うございます。
11月11日のモーツァルト「レクイエム」は、確実にご入手頂くには、
合唱団ゼロのメール=sasa@kenchiku.net までお問合せ下さい。

多田羅のブログを見たと伝えて頂くと残っている中から比較的良い席を選んでくれるかもしれません。よい秋の日をお過ごし下さい。

合唱団ZERO演奏会 http://web-box.jp/picopico/ZERO/

2007年11月11日(日) 1:30PM開場 2:00PM開演
演奏曲目
ブラームス「Nanie (哀悼の歌)」 OP82
ワーグナー「ジークフリート牧歌」(オーケストラ演奏)
モーツァルト「レクイエム」ニ短調 KV626 (ベーレンライター版)

ソリスト : 佐々木典子 寺谷千枝子 川上洋司 多田羅迪夫
管弦楽:合奏団ZERO 指揮:松岡 究
全席指定 A席:3000円 B席:3000円 



0

2007/10/4

たくさんの感謝を!  日記

今年の秋は今年一度限りのもの。深まりゆく秋の気配の中で〈今〉という時間を大切に過ごしたいと思います。いつも応援してくださる皆さん、本当に有難うございます。
秋になると澄んでゆく空気の中で、遠い空の高さや青さばかりを見上げてきたような気がします。けれど足元をよく見れば、落ちている一枚の葉や路傍に咲く花にも様々な表情がある。そして何気ない風景も振り返れば、いつしか、かけがいのない思い出となっていたりする。
ブラームスが〈四つの厳粛な歌〉を作曲してから111年程が経つわけですが、その曲が途切れず演奏されてきたことの意味をあらためて考えています。
皆さん、どうぞよい秋の日をお過ごしください。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ