2011/8/2

残暑お伺い申し上げます  音楽

8月、太陽が眩しい季節です。
7月31日は上野で、二期会研究会駅伝コンサートでした。
バッハ・バロック研究会は、J.S.バッハ 〜珠玉の名曲メドレー」から
「ロ短調ミサ曲」「マタイ受難曲」等の聴きどころを演奏しました。
コーヒーカンタータでは、実際にコーヒーカップを持って
’ああ、かぐわしいコーヒー、コーヒーはなんて美味しいんでしょう’
と女声たちが歌うのを聴いていると、コーヒー好きの私としては、
聴いているだけで幸せな気持ちになります。
そして一緒に口ずさめばもっと楽しい。
クリックすると元のサイズで表示します
音楽が日常の傍らにある暮らしは、当たり前のようでいて贅沢な
ことですね。外には蝉時雨。貴重な夏の日を大切に過ごしたい
と思います。
夏は果物も美味しい。今年も西瓜や白桃の瑞々しさに季節を
感じます。桃の実の季語は秋でしたか。

桃栗三年、柿八年、音楽の道も実りには長い時間がかかります。
好きな音楽をみつけたら、繰り返し繰り返し長く携わり、多くの
人とわかち合って、それが沢山の種となって世界へ飛んでゆく
ことをイメージすると元気が湧いてきます。
音楽が音学にならないように。そんな風に想う夏の日です。

秋は夏と同時にやってくる。そして秋の中には冬がそっと忍び
込んでくる。冬の中には春の息吹きが隠されている。
そうして繰り返す季節との出逢いにまた新しい発見が潜んで
いるような気がしてなりません。
どうぞ充実した夏の日をお過ごしください。
クリックすると元のサイズで表示します

エーオルスのハープに寄せて
♪

♪x3人の成り行きは
13



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ