2015/7/20

魔笛 プレトーク -2  公演情報

「魔笛」プレトーク より 続編
2015年7月16日&18日
リンツ州立劇場 ドラマトゥルク ヴォルフガング・ヘンドラー

多くの専門家達は第1幕の「弁者のシーン」で、驚かされる筋の方向転換を説明しようと試みました。私達観客は、夜の女王から最初に聞かされ たように、パミーナはザラストロによって誘拐され、加えて魔法の力を持つ「太陽の輪」さえ奪っていったとの事でしたし、タミーノは、娘を 救い出し、その母親に強大な支配権を取り戻すために選ばれた若者であると。――しかしこのシーンで全てが逆さまになります。パミーナは彼 女自身を母親から守るために保護されただけなのであり、ザラストロは、ヒステリックな女の破壊の意志に対抗して、男性の疾C諒欷郤圓箸キ て登場するのです。では、ザラストロが善人で、夜の女王は悪者なのでしょうか?

思い起こしておかなければならないのは、パミーナは、ザラストロの帝国 に属しているモノスタトスによって危うくレイプされるところでした。そして明らかに良き精霊である三人の童子は、夜の女王側の三人の侍女 達によって紹介され、タミーノをパミーナ救出への道案内をするのです。一方、夜の女王は、パミーナにザラストロを殺すよう命じさえしま す。あたかもある種のイデオロギーに凝り固まったかのようなそれぞれの登場人物を見る限り、「女性の原理」というものが、「男性の支配 権」と同じように、信用するに値しないものに見えます。

演出の宮本亜門氏と衣装の太田雅公まさとも氏は、ザラストロと夜の 女王という二人の権威者に対して、懐疑的な姿勢を表すために、ある風刺的な方法を見つけました。つまり、ザラストロの男性陣には彼らの全 身の中で特に目立つ頭に、知性の象徴としての巨大な脳のカツラをかぶせました。 夜の女王と三人の侍女達の胸には、母親達が彼らの子供達 に対して、偉大なる、しかし時に利己的な愛情を注ぎ込む、あからさまに巨大なシンボルが与えられています。
ただ考える、或いはただ感じるだけではひ とりの人間を捉えるには充分ではありません。「男と女」、「女と男」は、彼らの対立関係の中でさえ、神のごとき融和を作り出すのです。パ ミーナとパパゲーノの二重唱のなかで表現されているように「Bei Männern, welche Liebe fühlen, fehlt auch ein gutes Herze nicht. 愛を感じる男の人たち には正しい心も欠けてはいない。」

勿論、このメッセージは近代のものでもありますが、しかし元々がモー ツァルトの音楽と、シカネーダーの台本に含まれているものです。それでは、本日上演される「魔笛」の何がユニークで、今日的なのでしょう か?
もし、「善と悪」、「偽物と正しいもの」が限定的であれ重要性を失うな ら、「魔笛」物語の筋は、「良き人生」を獲得するための「ゲーム」として読むことが出来ます。
その場合、「良き人生」とは「友情のある人生」(パミーナとパパゲー ノ)であり、「愛のある人生」(タミーノとパミーナ)であり、当然「sexのある人生」(パパゲーノとパパゲーナ)であり ます。そして、全ての人間の本性はその本人の「良き人生」に対し、それなりの道を見つけ出さねばなりません。
モーツァルトのオペラを、より意味のある筋の通ったものとして私達の時 代に伝える為に、場面転換や装置の転換もズームすることさえも、私達のインターネットの世界のように、瞬時にクリックひとつで行えるコン ピューター・ゲームの世界として――Bartek Maciasバルテック・マシアス氏の作り出す、魅惑的な映像世界 を―――皆様にお目に掛けます。

―――モーツァルトは、かつての王様や女王様達がその権力を失った世界 のあとには、そのかわりとして、あらゆる面において思いやりの気持ちと愛によって生きる人々の主権による世界がやってくることを告知して います。――
今回の《魔笛》演出において、未来の宇宙空間に開かれた扉を含むサイエ ンス・フィクションという映画のジャンルから引用されている事によって、この作品の筋書きの幻想的な意味合いが、より強く意識される事と なりました。
今回の《魔笛》では、幾つかの映画の シーンからの引用が行われています。例えばStanley Kubrikスタンリー・ キューブリック又はクーブリック監督の《2001. A Space Odyssey (1968) Odyssee in space 2001年宇宙の旅》、Tim Burtonティム・バートン監督のSFコメデイー《Mars attaksマーズ・アタック!(1996)》(来襲する火星人の巨大な脳が登場する)、Ridley Scottリドリー・スコット監督のSF《Blade Runner(1982)》The Final Cut [2007] by Ridley Scott(2007)等からです。
オペラ「魔笛」が人間性の冒険の旅であり、現代の映画フィルムやインターネット 上の冒険ゲームに比して、先進性においても勝るとも劣らない、偉大な物語である事はあきらかであります。

この「冒険の旅」は、その枠組みを成す短い物語から逸脱して、より深い人間的 な、そして社会的な意味を獲得しています。《魔笛》序曲の間にも私達観客は、私達の現代日常生活中のある状況の目撃者となります。
ごく普通の家庭(父・ 母、三人の息子達、そして祖父の6人家族)が、 社会的不公正によって破壊されたと見えます。父がリストラにあって職を失ったために酒に逃避し、その妻を絶望に陥れた結果、母は家を出て 行ってしまいます。祖父が孫達に買い与えたコンピューター・ゲームのモニターには「誰でもヒーローになれる!」とメッセージが。落ちた ヒーローである父は、そのモニター内の世界に飛び込んでしまいます。そしてモーツァルトの「冒険」が始まります。オペラの中でそれぞれの 家族は、父がタミーノとして、母はパミーナとして、三人の子供達は「童子」として、祖父は弁者として登場します。そしてタミーノとパミー ナが火と水の試練を切り抜けた時、彼らの家族も同じように、新たな生活のスタートラインに立つのです。

最後に一つ指摘しておきたい事:
モーツァルトは、「男と女」の神々しい結 びつきにのみに信頼を置いていた様に一見は見えますが、単にそれだけではなく、登場人物の「身分の高い者」と「身分の低い者」との結びつ きにも信頼を置いていたのです。
それはパミーナとパパゲーノの感動的な二重唱「Bei Männern, welche Liebe fühlen, fehlt auch ein gutes Herze nicht. 愛を感じる男達には、正しい心 も欠けてはいない。」の中に現れているように、「男と女」「精神と教養」「本能と感情」それらが一体となって完璧な理想の人間像を産み出すのだと彼は考えていたので はないでしょうか。 そして全ての物語の内側の登場人物達は ――物語の外側の登場人物も同様に-―― ひとつの経験を分かち合うのです。 つまり「命は、愛によって癒 される事が出来る」とういう経験を。クリックすると元のサイズで表示します
3

2015/7/19

東京二期会『魔笛』プレトーク  公演情報

東京二期会とリンツ州立劇場共同制作、モーツァルト『魔笛』も残すところあと1公演となりました。お蔭様で昨日、今日も完売。明日も当日券数枚のみが予定されているとのことです。二期会所属歌手たちの素晴らしい演奏技術と表現力の結集した音楽が、総合芸術としてのオペラに現実味と臨場感を息づかせてくれています。http://www.nikikai.net/lineup/diezauberflote2015/index.html
その日々の研鑽と実力を心から讃え、最大級の拍手を贈ります。
ご尽力くださった沢山の皆様、そして何より満席のお客様のご来場に深く感謝申し上げます。

東京二期会『魔笛』公演詳細 



二組の公演の初日(プレミエ)開演前にリンツ州立劇場より来日中のドラマトゥルク、ヴォルフガング・ヘンデラー(Wolfgang Haendeler)氏によるプレトークを開催し、斬新な設定でありながら、オーストリアの人々に「まるでモーツァルトが帰ってきたようだ」と絶賛された、亜門『魔笛』ワールドの魅力について、そのモーツァルトと深いところでの繋がりについて、お話を伺いました。公演鑑賞の一助となれば幸いです。

[※]…「ドラマトゥルク」とは、文学、美術、哲学、歴史等の広範な専門知識をもって、オペラや演劇の上演を時代考証、翻訳、執筆、広報、運営に至るまで様々にサポートするスペシャリストのことです。


クリックすると元のサイズで表示します

【宮本亜門「魔笛」の中心的メッセージとは】 プレトークより

「魔笛」導入

2013年のことですが、最初からオーストリー・日本の共同制作として計画された劇場プロジェクトとして、この『魔笛』のプロダクションに、宮本亜門氏と彼のチーム、また我々の劇場の音楽監督Dennis Russel Daviesデニス・ラッセル・デイヴィス氏との共同作業に、私自身が作劇法上のコンサルタント(ドラマトゥルク)としてかかわれた事は、私にとって栄誉であり大きな悦びでありました。

オーストリアにおけるLinz市はオーストリア北部Overöstereich州の州都であり、SalzburgザルツブルクとWienウイーンの丁度中間に位置しております。そして、この二つの都市は音楽と文化において偉大な伝統でつとに知られており、天才作曲家ヴォルフガング・モーツァルトと深く結びついております。彼は1756年にザルツブルクで生まれ,1791年にウイーンで亡くなり、そのあまりにも短い生涯を閉じましたが、それにも拘わらずある種の創造的「超新星」“Supernova”として、偉大な全ての交響曲、ピアノ・ヴァイオリン・ファゴット・クラリネット・ホルンのための協奏曲、室内楽、そして膨大な数の並外れたオペラ作品を生み出したのであります。

これらのオペラ作品の中では、主人公達はイタリアの古い舞台様式である“Commedia dell’arte”に登場するようなstereotypeではなく、初めて本当の生きた人間として性格づけられています。フランス革命とその挑発的な知らせによって変化させられた世の中で、私達観客は、希望と恐怖、大きな期待と大きな誤り、そして信念・罪・責任などを共に感じながら、愛し合い、憎み合う人々を舞台上に見る事になります。そこでは人間性は、社会的地位とか性(gender)とか宗教などとは関係がないのです。すべての男も女も人間的存在として見なされるべきであり、否定される事の出来ない固有の権利であります。
そして、これこそが同時に宮本亜門「魔笛」の中心的メッセージなのです。

しかしながら、皆さんが今日ご覧になるモーツァルトの最も有名なオペラとその演出について詳しく取り上げる前に、SalzburgとWien に挟まれたLinz市とその立ち位置について、もう一度話しを戻す事に致しましょう。
Salzburgは王侯君主と司教の都市でありましたし、Wienはハプスブルク家の二重君主制の強大な中心地でした。

ではLinzはどうでしょうか?
Linzは、鉄工業の産業地としては有名でしたが、長い間それらの都市に比べてより小さな都市としてしか認識されていませんでした。
しかし1980年台になって、Linz をSalzburgとWienの中間地点の第3の文化拠点とするという政策が立案され、その目的遂行のために、壮観なほどの大きく新しい文化施設が次々と建てられました。
新コンサートホール、近現代美術の為の新博物館、世界的にユニークなデジタル・アートとニュー・メディアのためのArs Electronica Centreアルス・エレクトロニカ・センター、そして2013年にはLinz州立劇場の音楽劇場が新築を見ました。これは、世界的に舞台技術的な可能性において突出した、しかも一番若いオペラハウスと言えましょう。
LinzはSalzburgやWienのような伝統の都市ではなく、(技術)革新の都市であり、とりわけ同時代的傾向や新しい道筋と見方の為に、人類と生命の未来について如何に評価するかの大きな創造的能力を、その間に発展させました。

全く首尾一貫したこの理由によって、Linz版「魔笛」は、宮本亜門氏演出(演出助手:菅尾友)、Boris Kudličkaボリス-クドリチカ (Bühnenbild舞台装置)、太田雅公(Kostüme衣装)、Bartek Maciasバルテック・マシアス(Video映像)ら諸氏の手に委ね、モーツァルトの偉大な作品「魔笛」を、「我々の時代の人間性と人間存在」という、全く今日的な切り口でお届けします。Linzでは2013年に、そして今2015年に、ここ東京で!


モーツァルトの《魔笛》は、辻褄の合わない筋書きで有名であります。
物語は三つの次元で語られます。全体の結果には強い統一感はなく、むしろ様々のスタイルとアイデアによる、現代的パッチワークとも言えます。

◆第一の次元は、Wienの郊外の小さな劇場で市井の庶民達の為に提供された大げさな芝居がかったコメディ、いわば「魔法オペラ」と呼ばれるもの。

◆第二の次元はモーツァルト自身(と彼の父親)によって霊感を受けた、Freemason(Freimaurer)に関連づけられます。それは神秘・秘教劇として、フランス革命の理想とその啓蒙思想を社会に広めようと試みる宗教的、哲学的な運動として。

◆第三の次元は、文学のジャンルをその根源に持つ物です。「魔笛」は、喩えて言うならゲーテW. Goetheの“Wilhelm Meister”「ウィルヘルム・マイスター」も、その中で英雄が人生を通して人生の為に学ぶ物語という「Erziehungsroman教養小説」の一種として。


                                       (続く)
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ