2016/10/22

リヒャルト・シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」  公演情報

 オペラといえば、『魔笛』『カルメン』『椿姫』『蝶々夫人』等を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ドイツ後期ロマン派の作曲家リヒャルト・シュトラウスは、音楽と台本を見事に調和させた傑作を沢山残し、中でも1911年 に初演された音楽の色彩と抒情豊かな『ばらの騎士』は、世界的にも根強い人気です。

 私が今年11月に出演するオペラは『ナクソス島のアリアドネ』。台本は『ばらの騎士』で成功を収めた、詩人で劇作家のホーフマンスタールで、欧米で大活躍の女性指揮者、シモーネ・ヤングと気鋭の女性演出家、カロリーネ・グルーバーとタッグを組む、二期会とライプツィヒ歌劇場との提携公演です。 

このオペラの傑出した面白さは、何と言っても作品の中にオペラの舞台裏が描かれているところにあるでしょう。新作オペラがどうやって創られてゆくのか、前半の作曲家やプリマドンナや歌手たちの、舞台裏での臨場感あふれるやりとりが40分ほど目の前で繰り広げられ、色彩溢れる美しいアリアや重唱の数々、そして「人は変容し再生することができる」という作品に込められた テーマが余韻となって記憶に残る名作です。細部まで見逃したくない作品は、客席との距離が遠すぎないことが大事なので、会場の日生劇場の大きさはちょうどいいですね、

 今回、私は演出家の希望もあり、執事長役で出演します。
舞台は、金持ちの伯爵の邸宅。祝宴でのオペラ上演に際し、金満家のパトロン(舞台には登場ないご主人様)のきまぐれな無理難題を、芸術家たちにおおぎょうな態度で伝えます。

 登場の音楽からして、いかにも偉そうなのですが、「悲劇的オペラ『ナクソス島のアリアドネ』と道化たちの演じる喜劇『浮気なツェルビネッタと4人の恋人達』を同時上演するようにとご主人さまはご希望です。花火の打ち上げまでにきっちり終わらせないといけませんぞ。」などと言い出すので、登場人物たちは、おおわらわ。
ドイツでは役者や往年の名歌手が出演することが多く、ウィーン国立歌劇場の看板歌手として活 躍したエーリッヒ・クンツや、2012年 バーデン・バーデン祝祭劇場では、オペレッタやヘルデ
ン・テノール としても一世を風靡したルネ・コロが演じていました。

 いろいろな演出がありますが、今回の東京二期会とライプツィヒ歌劇場 との提携公演では、執事長というのは仮の姿で、ご主人様が執事 長に扮しているという設定です。癖のある個性的なキャラクターを演じるので、久しぶりに口髭をはやしはじめています。

そういえば、リヒャルト・シュトラウスが、自分の家庭生活に着想を得て、自身を主役に登場させたような『インテルメッツオ』で、ローベルト・シュトルヒのときも口髭をはやしていました。

リヒャルトウトラウスも口髭をたくわえていましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
R.シュトラウス


東京二期会『ナクソス島のアリアドネ』字幕付き原語(ドイツ語)上演
11月23日(水・祝)17時開演 11月24日(木)・26日(土)・27日(日)14時開演 
日生劇場 上演時間約3時間(休憩1回含む)
開場は開演の30分前 上演予定時間:約3時間(休憩1回含む)

http://www.nikikai.net/lineup/ariadne2016/index.html  公演詳細

http://www.nikikai.net/enjoy/vol306.html
 オペラを楽しむ
5



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ