2008/7/7

バス&バリトンの世界  音楽

久しぶりに雨の降らない七夕の夜。
10月の紀尾井ホールでのコンサートのチラシが出来上がりました。
今回は〈バス&バリトンの世界〉にスポットを当てて、濃厚な声の魅力をドラマティックにお届けします。男声も女声も旬の輝きを放つ俊英たちとともに、作曲やコレペティートルとしても豊かな経験を持つ山田武彦さんの色彩豊かなスケールの大きなピアノでの一味違った素晴らしい宵。
ぜひご一緒に楽しんで頂きたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
松尾洋さんのことはひとことでは語れません。オペラを愛し、歌手たちを育み、いつも廻りをあたたかく照らしてくれた人でした。天国でもきっと先人たちとオペラ制作に勤しんでいることでしょう。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ