2008/9/14

「オネーギン」二組の初日が無事開けて  日記

舞台と客席が双方向で共振する場面が沢山ある素晴しい舞台に仕上がってきました。百聞は一見に如かず。お客様の熱気がまた歌手たちのモチベーションに働きかけ、さらなる力を発揮させてくれるのでしょう。残る2日もとても楽しみです。そしてご来場頂いた大勢のお客様に心から感謝申し上げます。
クリックすると元のサイズで表示します
コンヴィチュニー氏、グラウプナー女史(演出補)と多田羅
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
©C.SAEGUSA
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ